レビュー一覧に戻る
ホテル・ルワンダ
2006年1月14日公開

ホテル・ルワンダ

HOTEL RWANDA

1222006年1月14日公開

エル・オレンス

5.0

ネタバレもっと「ルワンダ」を皆に知ってほしい。

アイルランド紛争を描いた『父の祈りを』(1993)の脚本を手掛けたテリー・ジョージの監督作。 1994年に、アフリカのルワンダで現実に起こったフッ族とツチ族の対立が原因のによる大量虐殺を背景に、1000人以上もの難民をホテルに匿い、守り抜いた一人のホテル支配人を描いています。 キャストには、『オーシャンズ11』シリーズで知られるドン・チードルが主演を務めるほか、ホアキン・フェニックス、ジャン・レノetc..実力派俳優が熱演。 決してフッ族とフン族の対立に留めず、その域を越えて現地人と外国人、白人と黒人といった人類の普遍的な差別意識をもしっかりと映し出したスタッフ達は本当に立派だと思います。ルワンダに迎えに来た救援軍の車に乗る白人の客と、それを切なげな目で見つめるホテル玄関の黒人の客、そしてバックに流れる「Milloin Voices」―・・。涙が溢れました。子供たちのハーモニーが強烈に心に突き刺さります。 本作に出逢うまで「ルワンダ」という国についてほぼ知識が無かったけど、観終えた今、もっと多くの人々にも、ほんさくをとおしてこの国のことをより知ってほしいと強く願うばかりです。 =================================== ★2004年ゴールデングローブ賞【ドラマ】 作品賞ノミネート ★2004年トロント国際映画祭 観客賞受賞

閲覧数795