レビュー一覧に戻る
ホテル・ルワンダ
2006年1月14日公開

ホテル・ルワンダ

HOTEL RWANDA

1222006年1月14日公開

syu

2.0

背景をもっと掘り下げてほしかった

フツ族による大量虐殺ということだが、作中で説明されている動機が弱い。ベルギー人に支配されていた時代にひどい目にあった反動だ、ぐらいにしか説明されておらず、はぐらかされているので、残念ながら教訓に出来ない。 やたらとフツ族の野蛮さ、残虐さを強調するような内容になっている。虐殺のテーマが映画はいくつか見ているが、ここまで悪役側が野蛮に描かれるケースはあまりないと思う。 ヒューマンドラマとしては、感動するようなところはあまりなかった。サスペンスとしては、緊張感があるようでなかった。 映像はイマイチで、生き死に直面した臨場感が伝わってこない。数々の交渉シーンでも、どこか嘘くさくなってしまっている。 登場人物には魅力をあまり感じなかった。主人公も最初は人徳者かと思ったが、良くも悪くも、家族を生かすことに必死な普通の人という印象だった。そして主人公の苦悩がいまいち伝わってこない。 結局、歴史映画としては中途半端な感じで、娯楽映画としてもそれほど良いとは思わなかった。

閲覧数1,629