ここから本文です

スリーピングフラワー (2005)

監督
柿本ケンサク
  • みたいムービー 4
  • みたログ 17

4.50 / 評価:4件

惜しい、もう少し深く描いていれば…

  • ミリ さん
  • 2008年4月14日 0時16分
  • 閲覧数 236
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

工藤里沙さん(「ラブ★コン」で注目)目当てで見ました。
タイトルもおしゃれな感じでアイドルを起用していることもあり、明るい感じの内容かと思いきや、けっこうヘビーでした。

心の病を癒すために田舎のペンションにやってきた姉妹と、ペンションの人や、村の人々との交流をえがいたストーリーです。

ストーリーだけ見ると「めがね」を思い出しますが、この作品では人々との交流の中で少しづつプラスに変化していくという展開は無く、見ていてほっとするという場面も無く、
結局、なんだかわからないまま終わってしまいます。
ただし、二転三転するストーリーとなっているので(ほほぅ、そうくるか!)という驚きを感じることはできると思います。

ついでにいうと設定にはかなり無理があるので、ファンタジー映画と思って見ていただいた方がよろしいかと思います。


タイトルにある「スリーピングフラワー」について、謎の部屋、心の病、ペンションの花などをうまく絡めて深く描いてくれればよい作品になる可能性はあるのになぁ、と少し残念な作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ