2006年3月11日公開

かもめ食堂

ROUKALA LOKKI

1022006年3月11日公開
かもめ食堂
4.1

/ 2,458

41%
34%
16%
5%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

サチエ(小林聡美)はヘルシンキで“かもめ食堂”を始めたものの客はゼロ。ある日彼女は最初の客で日本かぶれの青年トンミ(ヤルッコ・ニエミ)にガッチャマンの歌詞を教えてくれと言われるが、出だししか思い出せない。彼女は偶然本屋でミドリ(片桐はいり)を見かけ……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(1,117件)

楽しい22.7%笑える15.6%かわいい14.9%コミカル13.2%不思議11.8%

  • mbc********

    4.0

    ネタバレ喪失感を埋める物語

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • あんバターさんど

    4.0

    やりたくないことをしないだけ…人生はそれくらいでちょうどイイ

    ずっと観たいと思っていた「かもめ食堂」を今さらながらにアマプラで鑑賞しました。 荻上直子監督の「めがね」がとても好きで、その原点のような作品を順序逆での鑑賞になりましたが、あぁ~~なるほど~~と。 ゆったりと時間が流れる。 セリフでも何度か『フィンランドはゆっくり時間が~』、『フィンランド人はほのぼの、ニコニコ~』などのセリフがあり、まさに映画でその雰囲気を体験させようとしている。 もちろんフィンランド人だって、人それぞれだろ。 現に、キレ気味のキャラも出てきてんじゃん!というツッコミを少ししてしまったが、総じてほのぼの。 ニヤニヤしてしまいます。 女性一人でフィンランドで食堂をオープン・・・ それはものすごいチャレンジだし、ビジネスや人生設計としては甘いと思わざるを得ない。 そんな凝り固まった慎重で臆病な考え方に、やってみりゃいいじゃん。やりたいことを。と投げかけてくる。 客がまったく来ない。来ても無料でコーヒーを飲ませてしまう。(しかも常連) さすがに大丈夫かと心配になるが、まるでサチエの予言のとおりに、気づけばうまくいってしまっている。 おぉ~~、これがフィンランド・マジックか!? この手の作風は好き嫌いが分かれると思うが、自分はすごく好きです。 幸せにしてくれる映画だ。 翌年の「めがね」の方がさらにアップグレードされてる感じかな。

  • Sから始まる

    4.0

    ネタバレビジネス目線でためになる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hyo********

    5.0

    釣られて観てしまう

    なんでもないストーリーなのにずっと観ていられる不思議な魅力

  • M.H

    3.0

    ほのぼの(グーグーzzz)

    小林聡美さんは普段からお料理する方なんだろうなーと想像してました。 実際に異国の地でお店を開くこと、成功すること難しいと思いました。最後は大繁盛。リアルさに欠けるし、フローリングの店内を歩くときの靴音が気になって。。。 そして、やっぱり猫出てきましたね(笑)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
かもめ食堂

原題
ROUKALA LOKKI

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日