ここから本文です

狼少女 (2005)

監督
深川栄洋
  • みたいムービー 28
  • みたログ 136

4.10 / 評価:97件

先生ごめんなさい 今、行かないと私は!!

  • jasminetea_please さん
  • 2011年1月28日 17時43分
  • 閲覧数 716
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

「半分の月がのぼる空」「アイランド タイムズ」ともに素晴らしかったです。
「狼少女」も、とても素晴らしかったです。

この映画は、ストーリー、脚本、監督の演出、小道具の使い方、伏線の張り方、子役の俳優さんたち、大人の俳優さんたち、全て素晴らしかったです。

その中でも、一番よかったのは、転校生役の大野真緒さんでした。

大野真緒さん演じる、作品中の転校生、手塚留美子さんの生き方に、共感しました。
素晴らしい演技で演じていました。

周りを明るくする、その優しさ。その優しさの源は、
他人、相手に共感する感受性が、人一倍強くて、繊細なのですね。

最初から最後まで、ずっと彼女を見ていました。




「今、気づいた、わかった、キミの気持ちが・・・」
「今、キミに伝えなければ、わたしは・・・」

子供たちが教室を飛び出していくシーンは、クライマックスですね。

明くんの最後の別れの挨拶、大きく両手を振って。
あれは手旗信号ですね、エールの。「劔岳 点の記」の仲村トオルさんみたいでした。



「ごめんなさい」 それは、相手の気持ちに共感できたからこその、言葉。

「ありがとう」も、そうですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ