2006年1月21日公開

天使

1172006年1月21日公開
天使
3.6

/ 75

27%
27%
31%
8%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(52件)


  • clkks1712

    5.0

    天使の口が開く場面が面白いです。

    2月、3月、5月、7~11月の間、天使の口が開く場面が面白いです。 2019年.2020年.2021年.2022年

  • kcr********

    5.0

    これからも見ます。

    DVDショップで販売版を見て、これからも見ます。

  • ero********

    5.0

    癒された~

    名もなき市井の人々を、何も言わず、優しいまなざしと体から放つ神々しい光でさりげなく幸せにする天使さん。深キョンの可愛らしさが天使役にぴったりでした。先に投稿された方の御意見通りほのぼのとして、とても癒されました。 名もなき市井の人々を名優ぞろいが演じて、見ごたえもありました。このごろ辛いことが多かったので、とても幸せな気持ちになれました。 ありがとうございました。 ps.私も部屋にジンライムを用意しようかな!

  • min********

    4.0

    癒し?悪戯?下界知らず?

    深キョンさんが天使になられまして、あっちにふわふわ、こっちにふわふわ。 コンビニで悪戯したり、人の酒飲んだり、女の子誘拐したりします。 ・・・・悪意は無いです。 でも深キョン天使が見える人は限られてます。 そして、その方たちがリンクしてます。 深キョン天使が訪れる方々にはそれぞれドラマがあります。 深刻な悩みを抱えてるシングルお父さんとその恋人。 彼女がいないコンビニ店員さん。 みんな、人間界のテンポで生活してます。 深キョン天使はスローモーであります。 オマケに自由気ままであります。 天使のお仕事って何なのでしょうね? でも、最後はみんな笑顔です。 天使のお仕事は『笑顔』をあげることなんですね。

  • ohs********

    2.0

    ほのぼのです。

    この作品は テレビの前で正座して、完全映画モードになって見る作品ではなく ふぁ~っとリラックスして見れる作品でした。 『ほのぼの』 この一言が似合う作品やなって思いました。

  • o2d********

    4.0

    深キョンファン必見

    深田恭子が演じる、 無邪気で奔放な天使の可愛さにやられます! ジンライムを飲んじゃう所が可愛かった。 (恭子ちゃんだからかわいいってかんじですが。) ほのぼのしたストーリーで大きな起伏はないですが、 見ていて意外と退屈しません。 恭子ちゃんが嫌いでなければ、楽しめる作品だと思います。

  • mar********

    4.0

    おかげ様って、どちらさま??

    おかげさまで、腰のほうもかなり良くなってきました!! 痛みもほとんどございません! ホント、皆さんに多大なるご心配とご迷惑をおかけいたしました。 皆さんも腰痛にはくれぐれもご注意くださいね♪ ・・・・と、いうことで、この“おかげさまで…”っていう表現は日本特有の素敵な表現だな、といつも思い知らされます。 これを英語に訳すには難しいと思うし、また、日本語をよく理解する外国人でも、すぐには理解しにくい挨拶ではないでしょうか? おかげさまとは、もともと「神仏などの蔭(かげ)」に、「お」や「様」を付け、丁寧に表した言葉だそうです。 いうなれば、“蔭”とは目には見えない力のこと・・・自分を守護してくれる守護霊のような存在、といったところでしょうか? そして、拙者たちはそんな目に見えない力“おかげさま”に守られながら、今日も幸せに生活させてもらっているのですね~・・・ん~日本語って美しい・・・(笑) で、この「天使」という映画には、ひじょーーーーに可愛らしい“おかげさま”が登場し、迷える子羊たちの幸せのお手伝いをしてくれるのですな~♪ 東京のとある街。 ここには、恋愛、友情、家族などかけがえのない“愛”を想うたくさんの人々が暮らしていた。 そんなこの街に、ある日、天使(深田恭子)が舞い降りた。 ジンライムが大好物というちょっと風変わりな天使は、猫のように人にじゃれたり、いたずらしてみたりと、とにかく自由気まま。 けれど天使は、ちゃんと見ていてくれている。 悩み苦しむ人々に寄り添い、勇気づけ、見守り、そっと背中を押す。 そして、いつしか人々の心をじんわりとあたためていく・・・・ 一生懸命なのだけれども、ちょっぴり不器用でちょっぴり臆病な人々を、優しく後押ししてくれる天使、深キョン・・・ 天使のキュートな仕草に、心を射抜かれますよ・・・・確実に♪(前々回レビューのヒロスエの事は置いといて・・・・ね♪) 深キョンの台詞が一切無く、表情と仕草だけでの表現なのですが、それが余計に彼女の可愛さを倍増させる結果になってます。(無口キャラの王様、“できるかな?”のノッポさんよりいい!!!絶対にっ!!) 内容的に、途中ちょっと間延びしている感はあったのは確かですが、それでもなかなか良質な映画ではありました・・・心がほっこりいたします♪ それと、深キョン可愛いし・・・・(笑) 目に見えない力を信じるのも信じないのも、人それぞれではございますが、ちょっと良い事があったときや、拙者のように怪我をしても無事に生活できているのは、“おかげさま”のおかげなんだと素直に思えちゃいます。 おかげさま、どうもいつもお世話になっております。(笑) あ、でも、深キョンのような可愛いおかげさまが拙者を常に見守ってくれていますよ~にっ♪ (いかん・・・・そんなこと言ってるとバチがあたるわ・・・・汗)

  • miy********

    5.0

    心が温まった映画

    気温5度、霙交じりの雪の中観に行ってきました。出演俳優、女優のみなさんが全て、はまり役だと思えました。全篇を通して、何処にでもある小さな悩み、ささやかな望み、そしてそんな人々に優しく寄り添うちょっと不器用そうな天使。難しい事なしの、こころがぽかぽか暖まった2時間。満足でした。

  • mxy********

    1.0

    恥ずかしい作品

    久しぶりに見ていて恥ずかしくなった残念な作品。 見る前から何だか不安だったのが大当たり。クソつまらなかったっス。それでも最後まで見た俺を褒めてくれ! 原作はマンガだそうで、未読だがこの作品のオリジナルがどのような物なのかは大いに気になる。 内容はというと人生に悩んでいる人々の所にフカキョン演じる『天使』がやって来て天使パワーで幸せに導きハッピーエンド…ただそれだけ。 複雑なオムニバス形式がとられているのだが最後にすべてが絡み合いそうな伏線引いてあるにも関わらず大きなクライマックスもなく淡々と終わってしまう。 全体的に安っぽく思えるのは陳腐なCGと画の色そして監督の実力不足からとしか見えません! 永瀬正敏と永作博美のシーンだけ映画見てるなぁという印象を与えられたよ。

  • bea********

    5.0

    イイと思う

    主人公って、やっぱ深キョンですよね。それにしても、聾唖者などの病系は別にして、主人公がセリフ全くナシの映画っていままであったでしょうか? しかしこの内容は、つまらないと思う人はトコトンつまらないと思うでしょうね、おそらく。でも、守護霊とかを信じてなかった人がこれを見たら、中には「そういうこともあるかもなぁ」なんて、ちょっと思ったりする人もいるかもしれませんね。 前向きに生きる力を与えてくれる存在、必要がある人には感じられたり、目に見えたりする存在の一つとしての天使、この殺伐とした世の中に一滴の潤いを与えてくれるという意味で、とてもイイと思いました。 ところで、天使役の深キョン、悪くないと思うし、ファンにはたまらなくイイんでしょうけど、個人的には、より子供っぽい人、もしくは思いっきり子供のほうがもっとよかったんじゃないかなぁと思うんですが、どうでしょうかね?

  • ちむ

    4.0

    ネタバレ心あったまる作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • syu********

    3.0

    深キョンの声を聴きたかったかな

    深田恭子が主演だったので見ました。 天使にしては、かなり健康的かな。 深田恭子のセリフがなかったのは残念。

  • MAIKO

    5.0

    本当は見えていないだけかもしれないね。

    何て言ったらいいのか、分からない。 この見終わったあとの感覚・・・ほんわ~か心に沁みる。 とても癒されました。泣いたけど、涙も何だか違う種類の涙のように感じられます。 これ・・・すごい良い映画です。公開当時は日本で話題になったのかな? 劇場で見ていたら感想は違ったかもしれないけれど自宅で見る分には確実に◎。 疲れている人、ストレスが溜まっている人にぜひ見て欲しい。 深田恭子ちゃん演じる天使。セリフは一切ない。 本当に表情や仕草だけで最初から最後まで演じきる。 彼女はもともとカワイイから、お人形さんみたいで 恭子ちゃんを見ているだけでも、かなり癒される(笑) いや、でも内容も素敵。「ラブ・アクチュアリー」の天使版だな。 「主人公」というものがなく、何人もの登場人物がいる。 彼らはお互い面識がないけれど、どこかで繋がる設定。 それぞれ、立場も年齢も境遇も違う人達が、 それぞれのシチュエーションで突然、天使に出会う。 そして、天使は彼らの「幸せになる為」のちょっとした手助けをしていく・・・ ちなみに、恭子ちゃん天使は彼らには見えるが、一般の人には見えない。 最初はフワフワ飛んでる恭子ちゃん天使を見て「イキナリだな、オイ」と思って観ていたけれど(笑)段々、不自然さも感じなくなってきて見入っていました。 前半よりも途中から後半にかけてがGood。 なんと言っても、子役の森迫永依の演技に泣かされる。 この子、すごいですね。日本のダコタ・ファニングだ(笑) ちびまる子ちゃんのイメージしかなかったけど。天才。 ・・・天使とか守護霊とか、いないのかもしれない。でも、いるのかもしれない。 そう思わせてくれる作品。 そんなのいるわけないじゃーん!って思ってる人こそ、見るべき。 日々日常、ラッキーだったこと、ちょっとしたことでも良いことがあった日は天使を思い出して欲しい。 もしかしたら、天使が手助けしてくれたのかも。 その手助けが重なって、「幸せ」になるんだな。 あなたの大切なあの人との出逢いだって、天使のおかげかもしれないの。 天使の存在を信じなくても、信じても・・・ でも信じたほうが、きっと暖かい気持ちになれますよ♪

  • kir********

    1.0

    寒い

    今日友人に誘われて観てきました。 ひどいです。 上映中あまりに退屈で寝ました。 生まれて初めて映画で寝た・・・。 やはり漫画原作&「天使」という架空の主人公、という二つの障害は乗り越えられませんでしたね。 つまらない、を通り越して寒いです。 唯一の見所は恭子ちゃんの可愛さでしょうか。 それだけで二時間もたせてる、という印象です。 2時間を返して欲しい。

  • ロール

    2.0

    最初から最後まで退屈でした。

    登場人物たちが中途半端な感じで描かれていてストーリーがあまりない為か主人公の台詞がないので感情移入できない為かラストまで淡々としていて正直つまらなかったです。 悩み自体もたいした事ない感じがして(身近にありそうな悩みの方が親近感を持ってもらえるとは思いますが)もっと重い悩みを抱えた人たちにした方が面白くなったと思います。 毒のない綺麗なファンタジーを狙ったのかもしれませんが120分は長く感じました。 ストーリー的には60分くらいで妥当だと思います。 映画にするよりスペシャルドラマで充分な感じがしました。

  • kan********

    4.0

    深キョン、うまくなった?

    とても良かったです!さまざまな悩みを抱える登場人物を助ける「天使」ですが、べつにお説教や気の効いたアドバイスをするのではなく、彼女はそこにいるだけで人々を救う。その登場人物と天使の不思議な関係が良かったです。そして深キョン、ぴったりのキャスティングでしたねー。かわいさと優しさ、暖かさなどなどが見事に表現できてました。昔は深キョンの演技があんまり・・・だと感じていましたが、下妻あたりからよくなってきたような。やっと彼女に合った役が回ってきはじめたような気もします。

  • gre********

    2.0

    ネタバレ天使

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cro********

    4.0

    なんか心がホっとする映画

    映画を見て驚いた、深田恭子は映画の中で言葉を発することがなく表情と仕草で演技。また彼女の愛らしい笑顔や驚きの顔に和まされる。それぞれの人生のストーリがあり、そこに天使がかかわる。なんかアメリカでリメイクされてもおかしくないような映画。もしかしてニコラスケイジの映画でも天使見たいのがあったような・・。ストーリーは違うと思うが、どのような作品だったかは興味あり。今度見てみよう。この深田恭子主演の映画もよいが、ぜひハリウッドでもリメイクしてほしいと思う作品です。男性の内田朝陽くんもなかなか2枚目ですね。彼の役ですが、もし反町隆史さんが若く同じ年齢なら演じられるとも思った。

  • jac********

    4.0

    じゅわじゅわ~と来る作品

    この作品の凄いのは、“人によって見えたり見えなかったりする天使がある日舞い降りた”っていう設定以外、後は何にもないってとこです。 まず天使には一言も台詞がありません。 積極的に何かをすることもないですし、取り立てて凄い出来事も起こりません。 ふらふら~と自由気ままに漂うのみ。 周りの人間も、そんな天使に何をするわけでもなく、何かを求めるわけでもなく、 ただそれぞれの日常を過ごすだけ。 なのに… 気づけば人間たちは、皆ちょっとハッピーになっていて、 見てるこっちも、ほっこりなっている……そんな、不思議な作品でした。 めっちゃ感動するってわけではないです。 ストーリーも特に何も起こらないから、もしかしたらつまんないのかもしれません。 何億の制作費の掛かってる大作に比べれば目劣りもします。 それなのに…なんとも言えない、じゅわじゅわ~と残るものがある作品でした。

  • his********

    3.0

    ネタバレせりふなし

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/3 ページ中