ここから本文です

ミラクルバナナ (2005)

監督
錦織良成
  • みたいムービー 38
  • みたログ 95

3.84 / 評価:50件

素直な発想が生む奇跡

  • samsplan036 さん
  • 2012年2月7日 18時03分
  • 閲覧数 517
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

錦織監督は本当に新人女優を発掘するのがうまいですよね。錦織作品にはまって何本か観ましたが、どの作品もそう感じました。映画としての完成度は、きっちり、かっきり、くっきりとは作っていない印象です。そして、この作品は台詞が非常に少ないです。でも元来、言わずもがなの台詞など必要ないし、それどころか邪魔になってしまいます。緒方拳さんの台詞なんて、そういう役柄の設定ではありますが、ほとんどなかったですね。作り手というのはどうしても、訴えたいテーマを喋らせたがるものですが、この作品では本当に必要な最小限の量だったといえます。でも、話は充分伝わるし、言いたいこともすんなり伝わりました。途上国が抱える問題について、個人的に大いに気になることだったので、興味深く観せてもらいましたが、とてもさりげなく表現していました。地元の裕福な階層しか利用しないような、なんでも揃っているスーパーも、赴任した主人公が「へえ、なんでも揃ってるんだぁ」と感心するシーンとして挿入されていますが、後のストーリー展開に影響してくる貧困層との対比としても効果がありました。しかし、その格差問題にしても、明るい性格の主人公設定で深刻にならずに済んでいます。問題があるならばその現状をいかに改善していくか、大きな改善でなくても目の前のひとつの小さな改善をするためにどうしたらいいのかという素直な発想で、大きな改善につながっていくものなんだという、分かりやすくて単純な真実をよくぞ教えてくれましたという素晴らしい作品です。だから、あまりこねくり回さない作りが逆に成功しているんだと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 勇敢
  • 知的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ