2006年3月11日公開

超劇場版ケロロ軍曹

602006年3月11日公開
超劇場版ケロロ軍曹
3.7

/ 71

34%
25%
27%
10%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(46件)


  • 宮崎是彰

    3.0

    こんなもんかな

    子ども向けの割には見応えはあった作品です。 時間も短いながら見応えは十分にあってそれなりに画像も頑張っていたと思います。ですが、こんなものかなって感じ以上ではありませんでした。 ギリギリ良作かなくらいの作品です。ありがちな友情というテーマにケロロ軍曹ならではのコメディタッチならこんな感じかって感じです。想像以上ではありませんでした。

  • mik********

    5.0

    ケロロ初見!!!

    ケロロ軍曹は初見。宇宙人のようで宇宙人ではない、カエルのような格好ながらもSFものではない、コメディでもない、超アニメなエンターテイメントとして仕上げていますね。パロディや小ネタも盛りだくさんあって、バラエティーなアニメを楽しんだ、60分でした。

  • bnc********

    3.0

    gfyhgftyhgbヴゅjひゅいじゅい

    kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

  • ret********

    3.0

    期待はずれでした・・・

    試写見ました。大のケロロファンだから、辛口です。「残念」の一言です。ストーリーがよくなく、友情に話の主体があるだけに笑いが少ない・・・。私だけでなく、劇場でも笑いが少なかったです。かいけつゾロリに負けた・・・って思いました。次回は期待しています。

  • bad********

    5.0

    いや、うかつでした。

    随分長い間、ケロロは幼児向け絵本キャラだと思ってました。 それがひょんなことから、コミックス13冊まとめ読みして!!!!! ハマってしまいました。 取り返しの付きようも無い10年間のブランク・・・なんてね、 3本の劇場版DVDでたやすく取り戻せますよ。 いまだかって、ていうか前代未聞?(^_^;) 画期的な、居候テーマの秀作です。 諸々のテレビアニメの劇場版と一線を画するのは、 メインキャラ達を、シリーズと全く異なるリアルな空間に、 無理やり放り込まなくても、そのまんまで劇場映画として 通用すること。 これはすごいことです。 3作まとめて100点満点の出来栄えです。 3作あわせて300点です。来年は400点です(馬鹿) それはともかく、観ると元気が出る映画だ。 そうだ、明るく生きてゆこうと、思わず背筋が伸びる! 作者も、冬樹君も、まぎれもなくおたくなのに、これはどうしたことだろう。 じつは、それほどおたくを毛嫌いしているわけではない。 この一連の作品を見ると、彼らこそ、人一倍ポジティブな理想を胸に秘めて 生きているのかもしれない。 蛇足ながら、一番好きなキャラは、まあ主役?の軍曹ですが、次に好きなのは ドロロ兵長です。 あなたは?いやこれ読んでるあんたやがな、誰が好き? 性格判断できるかも。いやもっと高度な分析も可能か? そう思わせるほど、少なからぬ人物像の描き分けが見事。 笑いました。泣けました。はらはらしました。楽しめました!! 声がイメージぴったりなので、キャスティングも五つ星です。 セクシーにチェック入れてません。かなりきわどい描写もちらほら あるのですが不思議と卑猥な感じがしない。意図的にやってるとしたら、 すごい実力を軽さの裏に秘めてる。

  • rdg********

    4.0

    軍曹にとって、侵略とは・・・

    面白かった! でも、 ケロロを見てない人の為の説明はほぼ無く、 突然の強引な設定とか、「は?なにこれ?」と感じてしまう。 でも、 ファンの人は、絶対満足できる。 視聴方法:CS スカパー!ch.724 アニマックス

  • chu********

    5.0

    Dケロロも最高!!

    ケロロの方も好きですが、ダークケロロの方も結構良いですね。 第三のケロロを破壊する際に、冬樹とのわずかな思い出(?)を巡らし、「さらば!!」って言うとこが、グッときました。 もし、DVDが発売されるのなら、絶対GETしたくなる作品ですね。

  • 宝馬

    4.0

    ネタバレおお、田無タワーが倒れる…!?楽しめます

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hid********

    3.0

    ガンプラ命!

    一応、「ケロロ軍曹」ファンとしては見ておかないと・・・なんて使命に駆られました。この歳になると、さすがに映画館に足を運ぶのはちょっと勇気がいるのでレンタルです。 内容は語るほどでもないです。もちろん原作ファンなら楽しめるし、ガンダムファンでも「ニヤッ」とできます。ギロロ伍長の声に少し違和感を感じましたが、他はイメージ通りでした。個性的なキャラがたくさんいるのに、1時間程度のアニメでみんなを活躍さすのは難しいですね。その点、漫画はかなり面白いのでオススメですよ。

  • mas********

    4.0

    ゾロリ一緒はちょっと

    ケロロ軍曹は楽しみであるが、かいけつゾロリと同時上映となると劇場に足を運ぶのは抵抗を感じる。

  • sho********

    5.0

    最高に面白かった♪

    新キャラの出てくる特番アニメはマンネリ化するものなのに、「ケロロ軍曹」はむしろ原点回帰で、人間対侵略者という物語の根幹を直視した上で、その方向性を示しながら、感動的なクライマックスを演出してくれました。また、アクションシーンでも、過去に出てきたアイテム等を伏線として用いたりと、文句なしのテンポと演出、久しぶりに見た100%満足できる最高傑作でした。7歳の子供も感激していました♪大人も子供も楽しめる名作です。もう一度行こうかな。

  • rak********

    4.0

    入門編。

    見ていて不快でもなくキャラクターの笑いに 自然と癒される作品でした。 知らない人には入門編的にみれる 作品だと思います。 能登さんの声が素敵です。

  • mi_********

    3.0

    スペシャル特番っていう感じ・・2時間の

    ケロロ軍曹が大好きです。 中学校以来久しぶりにアニメに嵌まりました・・っていうくらいすき。 だから映画、もうちょっとボリュームとストーリーアップしてほしかった。でもよく考えたら、これって二本立て?とかで子供向けに夏休み公開とかだったのかな??だったらしょうがないな・・ でもコミック版とアニメ版のほうがぜんぜん面白い!TVの特番っていう幹事でした。コミック版に原作者の吉崎先生が考えた元ストーリーがあったけどそっちのほうがおもしろそうだった。時間の制約とかでそのままアニメ化できなかったのかなぁ。。。。 好きだから2弾、3弾もみるけど、映画としてのクオリティは低め。と思います、すいません。 観て毎回満足する、名探偵コナン劇場版 まではいかなくても近いボリュームとクオリティが。。欲しいです!どらえもんの劇場版みたいにジャイアンが劇的に優しくなるなどの、ドラマチック要素が・・欲しいです!次回に期待してます!

  • sil********

    5.0

    ネタバレ人の心の内奥がわかるようになったら

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Midori

    4.0

    ネタバレケロロ小隊vsゾロリ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • myt********

    4.0

    ケロロファン?は楽しめる

     元旦の朝、アニマックスで見まんた。  まず最初に、ケロロ小隊のメンバーの紹介をします。意外と忘れてるんだおね、彼らの役割。  ケロロ軍曹  ガマ星雲第58番惑星「ケロン星」から地球侵略のためにやってきたガマ        星雲第58番惑星・宇宙侵攻軍特殊先行工作部隊隊長  ギロロ伍長  機動歩兵  タママ二等兵 突撃兵  ドロロ兵長  ご意見番  クルル曹長  作戦通信参謀  この映画のストーリーは、ケロロ軍曹と冬樹が、ふとしたことから、超古代から封印されていたケロロ軍の究極兵器、「キルル」の封印を解いてしまったことから発生する地球の危機を描いている。人間の悪意のエネルギーで巨大化するキルル。ケロロ軍曹も巨大化して対抗しますが、軍曹のさまざまな煩悩?のため、さらに巨大化してしまいます。結局、最後は無事に?、再封印することに成功するのだが、そこにいたるまでの、さまざまなドタバタ劇がおもしろいです。ネタばれになるので、書きませんけど。  それにしても、「腹黒く、計算高いけど、純粋なところのある」(タママ二等兵談)ケロロ軍曹、またしても地球(ペコポン)を救いましたね(危機をまねいた本人だけど)。地球ごとキルルを破壊しようとしたアンゴル・モアちゃんに発したひとこと「やめてー」のことです。私たちは何度、軍曹がモアちゃんに発した「やめてー」に救われたことか。軍曹が地球を破壊したくない理由は、「ガンプラ」の工場があるからなんだけど、私たち助かってますね。  この物語では、夏美が思いを寄せているサプロー先輩も活躍しております。「サブロー先輩、ただの人とは思わなかったけど、いったい何者?」サブロー先輩以外にも、登場人物はひととおり活躍しております。  以前、評価が低かったので(現在は星3.8と高くなっている)、あまり期待しないで見たが、おもしろかったです。

  • app********

    3.0

    ずばり、大衆受けを狙ったのであります!

    ケロロ初心者です。 アニメといえば、ドラえもんがまだまだ強かった時代に生まれた自分が、最近テレビでケロロ軍曹を見て驚愕しました。こんな皮肉なものを浴びて育つ子供たちの文化はきっと変わっていくのでしょう。主人公がへたれ。。。でも、やっぱり、面白いのであります、癒されるのであります。DVDでみました。 さて、映画ですが、テレビ版のアニメに比べキレがない。もっと、レギュラーメンバー同士の絡みが見たいのに、新キャラ登場で、思いがけずペコポン征服が具体的になっています。ちょっといや。確かに、ガンプラ工場を我が物にしようとするケロロはいますが、なんか規模が大きくなりすぎ。別に大きくなったりしなくて良いからこじんまりとした濃密なケロロたちのマイペース振りをみたい。 が、これはあくまで映画。しかも、一作目。多少一般受けも必要なんでしょうな。まぁ、クルルのぼやきは健在だったから良しとしましょう。 ぜひ、いつか、自分の好きなことばっかりしてることの楽しさに浸らせてもらえる映画をつくってもらいたいです。自分は、自分の好きなことばかりやってきた人間ですが、最近は様々な疲労がたまり“楽しさ”の感覚を忘れがちです。ケロロ小隊全員が自分の好きなことやっていて楽しそうなのをみて、ちょっとづつ自分を取り戻したいなぁ、なんて無意識のうちに思っているみたいなのであります。っていうか疲労困憊?いえ、今気がついたので書いてみただけです。 オタクの方々、無知ゆえにつまらないこと言っていたら、ごめんなさいであります! 次の映画は、映画館に見に行くぞぅ。

  • edo********

    2.0

    ん~~

    テレビ版から入らないと分からない事だらけだし、テレビ版ファンには物足りないかな・・・と。

  • pcw********

    5.0

    ケロロ軍曹はヲタク向け?

    それは大きな間違いです。 『電車男』の影響もあるでしょうが、ケロロ軍曹はどちらかと言えば『ドラえもん』のような日常の中の非日常を描いたほのぼのアニメです。 その証拠にガンダム等の元ネタを知らない子供でも楽しめるし、エロも極力排除しているし、文部省推薦にしてもおかしくないアニメです。(言い過ぎ?) そして今回の『超劇場版ケロロ軍曹』は「友情」「努力」「勝利」の、まるで少年ジャ○プのテーマを王道で行く傑作であります! 同時上映の『怪傑ゾロリ』はアニメの方向性が違うので比べるものではありませんが、どちらも楽しめました。 人と人とのつながりが薄れた現代だからこそ、この映画を観て心の触れ合いの大切さを思い出して欲しいですね。

  • kih********

    2.0

    すまんないかな

    なんというか…。 一言で言うと、あんまり面白くないです。

1 ページ/3 ページ中