ここから本文です

ジャーヘッド (2005)

JARHEAD

監督
サム・メンデス
  • みたいムービー 99
  • みたログ 1,111

3.29 / 評価:364件

俺たちの“砂漠停滞作戦”

  • 一人旅 さん
  • 2021年9月1日 16時16分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

サム・メンデス監督作。

湾岸戦争に従軍した際の体験を基にした元海兵隊員:アンソニー・スウォフォードによる2003年発表のノンフィクション「ジャーヘッド/アメリカ海兵隊員の告白」を鬼才:サム・メンデスが映画化した戦争ドラマで、湾岸戦争勃発後に中東へ派遣された米海兵隊員の視点により現代の戦争の実態を浮かび上がらせています。

イラクによるクウェート侵攻を発端に勃発した1991年の湾岸戦争を題材とした実録戦争ドラマで、イラクへの攻撃を控え隣国サウジアラビアに派遣された海兵隊員の主人公の体験を事実に基づき明らかにしていきます。

一般的な戦争映画の作りとは明白に異なり、本作の主人公及び他の海兵隊員は、演習や待機に明け暮れ、敵兵と直接的に対峙することなく砂漠の駐屯地で日々過ごしています。戦場で死を目撃するのではなく、“何もやることがない”という停滞感に包まれた異色の作風となっていて、有り余る士気を発散させることができず次第にフラストレーションが蓄積していき、中には精神状態を崩壊させていく兵士も出てくる等、実際的な戦争がない状態がかえって兵士の多大な苦痛となっていたことを詳らかに明らかにしています。

ベトナム戦争時代のようなゲリラ的な歩兵戦ではなく、航空機による空爆や遠距離での砲撃を主体とした戦い方の変容によって、それまで戦争の主役だった兵士たちの行き場が失われてしまった現実を、砂漠の真ん中でひたすら暇つぶしに明け暮れる兵士たちの一部始終を通じて浮かび上がらせた異色の戦争ドラマで、帰国した際に盛大なパレードで出迎えられる兵士たちの表情にはやるせなさと虚しさが痛切に伝わってきます。

いわゆるドンパチ物とは対照的に、灼熱の中東砂漠で長い停滞を余儀なくされる海兵隊の日常を、彼らの複雑な心理状況と共に克明に描いたサム・メンデス監督作品で、主演のジェイク・ギレンホールをはじめ、ピーター・サースガード、ルーカス・ブラック、ジェイミー・フォックス、クリス・クーパーら実力派の漢たちが結集しています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ