ここから本文です

歓びを歌にのせて (2004)

SA SOM I HIMMELEN/AS IT IS IN HEAVEN/AS IN HEAVEN

監督
ケイ・ポラック
  • みたいムービー 145
  • みたログ 463

4.20 / 評価:203件

不必要な演出

  • オーウェン さん
  • 2015年3月6日 10時02分
  • 閲覧数 1113
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

人気指揮者であるダニエルは心筋梗塞を患い、故郷の田舎村へ戻ることになる。
ダニエルの帰郷を知った友人は聖歌隊への指揮をお願いするが、村人たちはそれぞれ悩みを抱えた集団であった。

聖歌隊を描く映画は数あれど、盛り上げという意味ではいかにもヨーロッパ作品の静かなもの。
ただそれ以上にこの題材で2時間声はさすがに長い。

とにかく村人の悩みだったり牧師や暴力的な夫など、消化するのに時間を使いすぎている。
あと30分は刈り込める中身だと思う。

それとラストの演出はいるのだろうかと疑問に思う。
作風がいいだけに勿体ない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ