ここから本文です

ブレイブ ストーリー (2006)

BRAVE STORY

監督
千明孝一
  • みたいムービー 111
  • みたログ 2,344

3.09 / 評価:1184件

あらすじだけ見聞きして映像化した説

  • kjm******** さん
  • 2020年2月27日 2時46分
  • 閲覧数 2391
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

一応原作は読んでいるのでしょうが、全体的な構成があまりにお粗末すぎて笑ってしまいました。
1200ページを超える大作を全て表現しきるのは無理だったとしても、もう少し何とかなったんじゃないでしょうか。特に、原作の序盤ではこの物語ラストシーンにつながる大きな伏線がいくつも設定されているのに、映画ではそもそもその伏線の数々が自体がゴッソリ存在しないため、曖昧な感じでごまかされています。当然ですが、グダグダです。原作未読の人は、「は?なにそれ、意味わかんないんだけど」な部分だらけでしょう。
ここまで書いてきましたが、別にもっと長くしろと言いたかったわけではありません。明らかに配分がおかしいんですよ。原作では序盤に4分の1を使っていました、ならばこの映画も120分の内30分を割くべきではないのでしょうか。それをたった15分で収めようとしています。そのせいで、先述の伏線の部分やキャデザ含めて、物語の進行や映像表現に様々な支障が出ています。その部分を無理矢理ごまかそうとして、その先の展開に様々な手を加えようとしたようですが、もはや後の祭り。まあ、そもそも宮部作品の映画化自体が無理があるんでしょうけどね、削れるところが一切ないという意味で。
声優さんについてはお察しの通りです。アナ雪とか見ると、松さんも成長したなあとつい上から目線になってしまいます。でも、そもそもストーリー自体が崩壊しているのであまり気にはなりません。
デザインが可愛かっただけに悲しいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ