ここから本文です

ブレイブ ストーリー (2006)

BRAVE STORY

監督
千明孝一
  • みたいムービー 110
  • みたログ 2,336

3.09 / 評価:1179件

宮部みゆきは怒っていい

  • azuki_na0928 さん
  • 2020年5月14日 11時55分
  • 閲覧数 3225
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

小説を先に読みました。
あの宮部みゆきがファンタジーとは?!と思って読みましたが、
なるほど子供向けとは思えない
人間の汚いブラックな部分が盛り沢山。

上巻の離婚騒動。
子供より不倫相手を取るオコサマな夫、
年甲斐もなく恋愛能な不倫相手女、
嫉妬で狂い自分の感情でいっぱいになる母親。
全員、とってもとっても人間的。
一方の主張は納得できて、でも他方と絶対に相容れない。
親、大人の肩書きをとっぱらわれた
人間の醜さが浮き彫りの中での
小学生主人公の存在、、、趣深い。

お母さんの味方、お母さんが正しいと思っていた主人公もまた
一方的主張持ち主であったと気付く、中巻のこれまたブラックな展開。
小学生にさせる事じゃない笑

それやこれやを乗り越えるから
主人公が最後にたどり着く考えが輝く。
『世の中悲しいことばかり、でも嬉しいこともたくさんある。
いろんなことがあるけど今を大切に生きていく』


んだけど、アニメではブラックな部分が全部とっぱらわれている!!!

だからこそものすごく薄っぺらい、ものすごくありがちな展開の
ただのファンタジーになっちゃった!!

ただのファンタジーという土俵なら、
もっと面白いものがたくさんある。

オレが最強に正しい!
は自分以外には正しくない
がこのファンタジーのテーマなのに。。。。

原作では頑張って宮部みゆきらしいファンタジーを描いたのに、
こんなありがちファンタジーに作り替えられてしまって、、、
もったいなさすぎて泣けます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ