ここから本文です

燃ゆるとき THE EXCELLENT COMPANY (2006)

監督
細野辰興
  • みたいムービー 27
  • みたログ 223

3.56 / 評価:115件

今観ると強烈な皮肉になっている。

  • tenten48 さん
  • 2016年7月10日 14時35分
  • 閲覧数 809
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

大国アメリカに進出する日本企業の戦いなのですが、アメリカの「合理主義」に対し、日本ならではの社員を家族とする「絆」の経営で立ち向かいます。
多少ネタバレですが、それこそが「エクセレントカンパニー」なのですが、たった6年の間に状況は様変わりしました。
日本的な年功序列や社員を守る経営企業はほぼなくなり、派遣労働者を使い捨てる利益追求型にシフトしています。生産性の悪い工場は潰し、社員は解雇する、そんな企業は珍しくありません。
たった6年前の映画ですが、えらく古臭く感じてしまいます。

物語的にはラストの現実味がない展開が鼻につきましたが、会社員の一人としては感慨深く感じました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ