ここから本文です

ナイロビの蜂 (2005)

THE CONSTANT GARDENER

監督
フェルナンド・メイレレス
  • みたいムービー 364
  • みたログ 2,951

3.61 / 評価:965件

言うほどの感動作じゃない 中途半端

  • sat***** さん
  • 2020年7月28日 18時30分
  • 閲覧数 965
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

テレビで視聴
カットされまくってたのか、話が途切れ途切れで、人物関係や背景がわからないまま進んで行った
開始早々誰が誰だかよくわからんまま、レオチェルワイズ死ぬ(主人公と結婚してるのかさえ不明だった)
でいきなり回想くるが最初は流れが分からず、レイチェルが主人公を怒鳴りつけるもすぐセックスして「あれ?死んですぐ他の女とHすんの?おまけに会った当日?なんだこれ?」となり、回想だったとわかるも、あとは主人公とレイチェルがアフリカ行ってあれこれしててるだけ
レイチェルの立ち位置も目的もよく分からないし、会ったばかりの相手とすぐ結婚しアフリカも謎だし、愛してる言っても本当なのか利用してたのかなんだかよく分からなかった
なので2人の壮大な愛の物語言われてもピンとこず、「へえ…」だった
でいっぺんにいろんな爺さんたくさん出てきて誰が誰だかよくわからんし、製薬会社がアフリカで新薬実験してるのバレてレイチェル殺されただけと言う、けっこう単純な理由バレすぐきて、後は主人公があれこれ探って移動するだけで、ミステリーとしてもサスペンスとしても特にハラハラ感はなく、おもしろくない
最後の最後に村襲われ逃げる人達と飛行機置いてかれる子が悲惨なのと、無力なアフリカ人が先進国の大企業に搾取され、でもそのお陰で我々が簡単に薬手に入れられてると言う歪んだ現実突きつけられ、やっと「うーん」と考えさせられるが、その最後の部分なきゃ全然盛り上がりもなく面白くもない
全体星1で、ラスト5分だけで星2の合計3って感じ
アカデミー賞とか玄人は好きそうだが、主人公と奥さん話ばかりで、肝心のアフリカ人の搾取や悲惨な状況はごくわずかに差し込まれてる程度なので、そんな大感動で泣けて記憶に残る作品ではない
2人の無くていい速攻セックスシーンや庭仕事など入れる代わりに、もっとアフリカ人の命が軽く扱われて、その恩恵を先進国の企業だけじゃなく一般人も得ている、おまけにその事実に気付いてないと言う、深いテーマを中心にすべきだった

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ