2006年7月22日公開

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST

1512006年7月22日公開
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
3.6

/ 3,332

26%
29%
29%
10%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)は、海底の支配者として悪名高い、さまよえる幽霊船“フライング・ダッチマン”の船長デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)に多額の借金があった。ジャックは自分自身の保身のため、仲間であるはずのウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)やエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)を裏切ってしまい……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(1,743件)

笑える17.3%楽しい14.8%かっこいい13.7%勇敢8.8%コミカル8.4%

  • カシス

    3.0

    ネタバレエリザベスがちょっと・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hick

    4.0

    ネタバレ魅力増した群像劇も情報量に問題

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 私はだあれ?

    3.0

    様々な意見があるとは思うけど・・。

    1作目で一区切りついたストーリーから新たな展開へと進む人気シリーズの2作目。 3作目の『ワールド・エンド』の序章ともいえる本作の不完全燃焼なエンディングに納得のいかないユーザーも少なからずいるようだけど、本作を観て続編の『ワールド・エンド』を観てない方の割合ってどのくらいいるのだろうか? あくまでも自分の勝手な推測だが8~9割くらいの人は続編を観ていると思う。 映画はもちろん娯楽ではあるのだが、作り手からすれば商売でもある。 本作を尻切れトンボのような終わり方にする事で、ユーザーに「次回作も観なければ!」という心理を働かせて収入を得ているとも言えるだろう。 商売として見たら上手い手法ではあるし、個人的には終わり方がスッキリしないぶん、要所×要所でクスリと笑える内容は評価したいと思います。 とは言え、星3つですが・・。(笑)

  • izq********

    3.0

    あくまで前編。後編も観ねば

    なんだよ〜パート2は話、完結しないんやん。 ジャック・スパロウはクラーケンに食われて、ウィル・ターナーの父親はデイビィ・ジョーンズに捕らわれたままで、ジョーンズの心臓はノリントンがゲットしてで、全然決着ついとらん。最後は復活したバルボッサがスパロウ一味を率いるために登場したとこで終幕。パート3も見なければ。

  • 宮崎是彰

    4.0

    かなりディズニーらしい

    前作にさらにファンタジー要素をぶちこんだ快作です。 一度完結したお話を再スタートさせるにあたり、このようなストーリーと要素を用意した製作陣には脱帽です。因縁や裏切り、そしてファンタジー。前作に引き続きかなり面白かったです。 しかし、ファンタジー要素の大量注入は諸刃でした。基本的に何でもありになってしまうので話のワクワク感がご都合主義化してしまった印象があります。 とはいえ面白いことには変わりのない作品です。是非視聴してみてください。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第79回

視覚効果賞

基本情報


タイトル
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

原題
PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日