ここから本文です

バルトの楽園(がくえん) (2006)

監督
出目昌伸
  • みたいムービー 80
  • みたログ 441

3.79 / 評価:253件

松平健のオーラ

  • miy***** さん
  • 2020年9月28日 20時27分
  • 閲覧数 144
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

暴れん坊将軍だからこそ品格とオーラがこの物語をしっかりと成り立たせています。

主役に格があるからこそ、筋の通った物語として成り立っています。ことなかれ主義の官僚ではなく武士としての筋で捕虜に接するのは序盤の板東英二との対比をみせることで懐の深さを演出しているのも見やすくなった要因だと思います。

派手さはないですが、オススメできる作品だと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ