ミート・オブ・ザ・デッド
2.5

/ 26

12%
12%
23%
23%
31%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(18件)


  • grj********

    1.0

    最弱ゾンビ

    ゾンビが柔らかい! あれなら自分でも生き残れそうです。

  • hxd********

    5.0

    これは予想外に面白い!!

    アイルランドのゾンビ映画なんて期待していなかったが、意外や意外!面白かったです! まず、全編に漂う乾いたタッチが、ゾンビ映画としては新感覚でよかったです。また、ゾンビに噛まれた腕を切断し、火を当てて止血という「死霊のえじき」のパロディと思えるシーンがあるが、単なるパロディではなく、本家に負けないほどのリアルさで表現されているのにはちょっと驚きました。ロメロのゾンビに対して相当の熱意がなければ、あのシーンはそう簡単にマネできるものではないと思います。さらにそのほかの残酷描写も、ロメロの作品に匹敵するぐらいグロくて迫力がありました。 派手なネタバレになってしまいますが、実はこの映画で生存者達に襲い掛かるのはゾンビというより、狂人化して人肉を食うようになった狂牛病患者です。なのでゾンビとは違い、身体能力は人間と同じで、身体にある程度のダメージを与えれば殺すことができます。 また、劇中で登場人物がゾンビを倒すのに使った武器は、スコップ、木の枝、バットなど、ごくありふれたものばかりで、銃器は全く使いません。 もしかしたら、銃器を一般家庭においていない日本の田舎にゾンビが発生したら、きっとこの映画のような雰囲気になるのではと思いました。 さらに、救いようのないラストも、この映画の乾いたタッチに合っていてよかったと思います。 近年爆発的に増える自主製作ゾンビ映画の中では、かなりの良作でした。

  • nor********

    4.0

    ネタバレNIGHT OF THE SLEEPING DEAD

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • asm********

    3.0

    ネタバレ騒いで笑えるゾンビ映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kes********

    1.0

    映画の中身もスポンジ様

    ジャケットと裏表紙がなかなか良く つい中身のDVDケースを引き抜きレジへと向かっていました しかしDVDの印刷にアルバトロスの文字を早い段階で目に入れてしまいました 期待はなく鑑賞 ヘレナとマーティンカップルが田舎町を車で通過中 見誤って道を歩いていた男を轢いてしまいます 脈はなく死亡していると確認し車の後ろに乗せた瞬間 マーティンがその男に襲われ首を噛まれます マーティンも狂暴に変化してしまいヘレナは襲われます そしてその異変はその田舎全体に広がっていることをヘレナは知り、田舎から脱出するというストーリーです 噛まれることで感染するという良くある設定です 感染源が牛でBSEの亜種であるという説明がされており、原因がはっきりしていることは解りやすいです しかしながら だらだらと物語が進行していき ただヘレナと途中で出会う非感染者たちが知恵を用いることなく逃げまわるだけで、退屈します 田舎が舞台なので草むら・草原をただただ走ります 感染者に襲われるシーンも緊迫感や恐怖・迫力が無さすぎます 音楽を効果的に使えてない気がします BSE亜種が原因という設定を活かしたラストになっているので余計に残念です 残酷描写はなかなです 掃除機やハイヒールを活かしたグロ ありです お色気描写皆無です

  • jss********

    3.0

    存外に

    どこのサイトでもあまり評判の良くない本作。 気持ち穏やかに見始めたせいか、予想外に良かった。 まずなによりも、想像していた以上にきちんと「ゾンビ映画」しているのにびっくり。 「悪魔の墓場」と「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」を足して水で薄めてから 3で割ったような雰囲気がなんともいえず怖い。 内容は典型的なゾンビ逃避行モノなんだけど一つ一つのエピソードが 丁寧に撮られていてその都度それなりにハラハラさせてくれる。 登場人物を絞ったのもナイスチョイスだと思うし特殊メイクだってそこそこだ。 まあ、暗いシーンばっかりでごまかしちゃってるところはあるけどね・・・。 どこかで見たようなシーンは、そりゃまあ出てはくるが、 全体的にトーン低めの演出であまりでしゃばってないのでそこまで気にならないと思う。 ラストの絶望的な立て篭もり戦法から、お約束の締め方への流れもスムーズ。 2004年製作だと知っちゃうとちょっと物足りないかもしれないが それを脳内で20年くらいさっ引いてから見れば間違いなく楽しめる一本。

  • the********

    5.0

    大変申し訳ないですが 大好きです

    平均点を上げてしまって本当に申し訳ありませんが、すごくおもしろかったです この映画は映像、音ありきです 低予算の割に田舎の独特な映像美(?)、妙な音楽、すごく静かな(盛り上がらない?)展開 特に評判の悪い後半の懐中電灯の明かりだけでなにをやっているか分からない夜のシーンは おそらく画面の2/3は真っ暗で、夜 ひとりで大型TVで見ててとてもはまってしまいました もう3回は見ています でも、みなさんのレビューをみているとおそらくこの映画を楽しめるのは日本で5人ぐらいです 6人目になってみたい方はぜひ  

  • mit********

    2.0

    古典的ゾンビ映画

    久しぶりに“まとも”なゾンビ映画を観た。“まとも”というのは、コメディホラーではなく、ホラー映画という意味だ。他の人のコメントにもあるように、後半部分は映像が暗すぎて観にくいが、コメディ化してふざけている点はなかったのでよかった。 ストーリーはありふれた展開だが、アイルランドの田舎風景がとても綺麗で引き込まれる。古典的なゾンビ映画が好きな方にはぜひお勧めしたい作品だ。

  • ref********

    2.0

    もっと吹っ切って欲しかった

     ヘレナとマーティンは車での 旅行の途中、一人の男を撥ねてしまう。  狼狽しながらも息をしていない男を 車中に乗せ、車を出そうとする彼らを 蘇った男が襲い、マーティンは喉元を 食いちぎられてしまう。  ヘレナは傷ついた彼を救う為、 助けを求めに近くの民家を訪れるのだが…。、    ----------    アイルランド産ホラーだけあって 大自然に囲まれ、戦いの舞台となる 石積みの城跡が印象的な作品です。  国内の半分以上が農耕、酪農地だけあって、 逃げても逃げても朴訥とした景色が続き、 意外と新しい雰囲気を持つ作品かもしれません。  また牛や眠ったゾンビというのも 目新しいと言えます。  作品中所々に往年のゾンビ作品や 近年作品を思わせる描写があり、 研究した跡が見て取れて微笑ましいですが、 夜のシーンなどは少し好みの分かれる 描写だと思います  そして個人的には、それも見せ方の 一つと認められる反面、ちょっと好みとは合わず、 違う描写で見せて欲しかった気がします。  また、本音を言えばせっかく「肉食牛」を 出すのならば、大群の暴れ牛にするぐらい 吹っ切った方が気持ち良い気がします。  もちろんコメディにする必要はないのですが、 そんな事を思ってしまう不完全燃焼な印象の作品でした。

  • のり

    1.0

    ゆるくて素朴でドライでおしゃべり

    アイルランド製ゾンビとは大変珍しいw まずこの映画の中でのゾンビの定義は狂牛病感染。 感染は定番の噛み付き。活動目的は食。 死人ではなく、普通の人間同様にある程度のダメージで死ぬ(頭や脳を破壊せずともOK) また痛みも感じるようだし、傷口を押さえる事もする。 行動はやや鈍く、走る事は出来ないが、 知能が多少あるらしく、首を絞めたり、武器を使ったり、壁やフェンスを乗り越える。 挙句の果てには眠るw(立ったまま) 眠るゾンビって初めて見たよwww 何となくだが、バイオハザード4あたりのゾンビに近い気もする。 また感染原因である牛ゾンビも新鮮だw さて肝心の中身だが、低予算のB級ゾンビがまず前提。 アイルランドの田舎村が舞台なので、だだっ広い草原と森と城跡へと逃げ回る。 ゾンビを倒すのに使う武器はスコップや木の枝などありふれたものばかりで、 銃火器等は使われず、中でもスコップの使い方が面白く、 叩くのではなく、突き刺すのだ。 良くあるゾンビ映画では道具をおかしな使い方をする事が多いが、 実際、スコップだったら突き刺した方が殺傷能力は高いだろう。 他にもやみくもに物を投げつけるのではなく、 鋭利な物(釘やドライバー)を手に持ち確実に突き刺したり。 そう言った微妙なリアリズム?があり、ゾンビ映画としてはなかなか好感が持てる。 ただ至る所で低予算の跡が見てとれ、 特殊メイクは貧相だし、スプラット要素も当たる瞬間はカットされ、 いつも何かがもげた後ばかりだったり、肝心な部分で楽しませてくれない。 また夜のシーンでは画面殆どが真っ暗で、何をやっているのか分らなかったりもする。 この辺りは予算の関係で仕方ないのであろうけど、 ならば低予算なりの身の丈の合った演出を考えるべきであろう。 全体的にみると、トーンが異様に低く淡々としている。 辺りにゾンビが生息しているのに、下らないお喋りばかりしていて、 緊迫感が無く、サバイバルと言うよりキャンプのノリ。 コヨーテあたりに対する警戒心と同レベルだ。 それでいて襲われてもキャーキャー騒がず、 ためらい無くゾンビを倒してゆく様は妙にドライ過ぎる。 どうも全体でテンションが低く、盛り上がらない。 自主制作ゾンビ映画。 アイルランド製のゾンビ映画。 ゾンビの定義は完全な死人と言うより、 人間味を残したゾンビ。 なので人を殺すと同様のダメージで死ぬし、 痛みや知能も多少あるようだ。 これといった新しい要素は無いものの、 お粗末過ぎるゾンビに成り下がっていないのは○。 ただそれでも低予算の弊害はついてまわり、 メイクにカメラに編集にと、ある程度理解は必要。 全体的にどうもテンションが低く、 煮え切らない印象。 盛り上がりも無く、スカッとさせてもくれない。 ゾンビ映画としてはまともな方だが、 所詮は自主制作レベル。

  • s_o********

    3.0

    ネタバレ良いのか悪いのか…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • あみ

    1.0

    この映画を見ようか迷っている人へ・・

    最近、怖い映画のネタが尽きてきて、DVD何を借りようかと迷っていた所へ目に入ったこの映画。 わずかな希望を掛けて見てみました。(たまに掘り出し物があるんだもん。。) でもコレは、そんな安易な気持ちで借りるとお金を無駄にしますよ。 ジャケットもちょっと怖そうだし、タイトルも怖いシリーズにありがちだし、なんと言ってもゾンビもの!凄く見たくなっちゃいますよね。 面白いかも~・・多分そんな思いは、見て30分以内に消え去る事でしょう。 だって完全にナメ腐ってるもん。 最初に出て来た、お譲ちゃんのバカっぽさから失敗は予感出来ました。 そしてスコップならともかく、ハイヒールや小枝でゾンビ倒しちゃヤバイって・・ありえないし。しかも1体や2体じゃないのよ。 掃除機で目を吸ってゾンビが倒せますか? ゾンビ弱いし、それなら私でも素手で倒せそう。 コントかと思っちゃった。(この映画ってお笑い映画じゃないよね?) この時点で失敗を確信。 しかも主人公がゾンビに気づかれてもチラッと見て追いかけて来なかったりする場面もあるのよ。ドキドキ感失せますね~。 何度か酷い映画に遭遇していますが、コレも最悪な部類。。 怖さを期待しないで、ある意味どこがヤバイのか探してみる感じで借りてみるのはいいかもしれません。

  • sut********

    2.0

    B級低予算と割り切るのなら・・・

    楽しめないこともないですが・・・・ 正月などの深夜映画、それも明け方くらいのレベルですね。 観終わっても何も残りません。そういう意味では無害です。 それにしても、避難民の集合場所があんな場所だなんてね・・・・ そりゃ、苦労しますがなぁ~ オススメはしません。たぶん二度と観ません。

  • ben********

    5.0

    ふ~ん…

    ハイヒールでゾンビを倒せるとは知らなかった(・_・)

  • fwg********

    1.0

    ネタバレB級以下でした…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fil********

    1.0

    とにかく最悪です

    久々にすごい映画に出会いました。ゾンビが決して走るわけではないのに、周囲が見晴らしがいいのにも関わらず、いきなり後ろからガブッとかぶりつかれたり、主人公が注意散漫すぎます。とにかくカメラワークがアップが多く、突然ゾンビが襲ってくるシーンが多かったです。恐怖感ゼロです。

  • kaz********

    1.0

    ゾンビ映画の末期的な映画

    なんか、その場あたり、思いつきのゾンビの出現、シャベルだけで戦う主人公、なんなんでしょうか、この映画は、ゾンビ映画も初期作品ににて見晴らしのいい場所でゾンビに遭遇!(何でやねん。)ゾンビ映画の進化のなさに脱帽しました。

  • rbt********

    1.0

    見事な映画!!

    ここまでレベルの低い映画をまだ作っているとは・・・。D級のクソ映画でした。血が出ればゾンビ映画?んな訳ないやん!!と、1人つっこみするくらいのクソです。彼氏がゾンビに噛まれた一大事に、彼女は徒歩にて助けを呼びに行ってます。(まだ生きてるのに・・・。)なぜ走らないのでしょう?疲れるから?めんどいから?案の定、彼氏はゾンビになりました♪おもしろいのでぜひ一度ご覧下さい!!

1 ページ/1 ページ中