ここから本文です

終わりで始まりの4日間 (2004)

GARDEN STATE

監督
ザック・ブラフ
  • みたいムービー 68
  • みたログ 444

3.09 / 評価:60件

よく理解できませんでした→三回みてやっと

  • dan***** さん
  • 2015年2月22日 22時06分
  • 閲覧数 956
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

好みの作品というか、感性のあまり合わない作品だったので、良く理解出来ていません。
よって、作品自体を評価する資格すらないのですが、自分の記録のために(後日、理解できることもあるので)記入するので、参考にならないと思います。

イヌの発情シーンは必要なのか、無理やり飲まされる精神安定剤はダメだけど、友人に勧められたドラッグならOKという事なのか、小金のために法の目を掻い潜った悪事ならOKなのか、理解に苦しみます。
このあたりのモラル感が好みではないので、作品を純粋に楽しめませんでした。

かくいう自分は探偵さんが秘密を暴くために不法侵入しているシーンなら、自分も秘密を知りたいために「それ犯罪でしょ、やめなはれ~」という心境にはならないので(犯罪レベル的にはそっちのほうが問題だと思われるが)本当に好みの問題ですみません。

ただ、一番不幸なのは感情がない状態であるとか、自分で笑い飛ばさなくっちゃとか、良い台詞もいっぱい出て来ます。

主人公が感情を取り戻す成り行きがちょっと希薄な気がしますが・・・愛を知れば変わるものと解釈すれば納得は行きますかな。

コメディとあるので多分笑える箇所があるのだと思うのですが、笑いのツボも合わなかったみたいで、後からコメディと知って驚きました。

<追加感想>

三回見てようやく少し理解しました。
なんというか、悲しい。
不器用な両親(愛はあったのですが)の元で、愛を感じることが出来ずに育った少年(9歳)が衝動的に母親を突き飛ばし、運悪く食洗機のドアが開いたために母親は半身不随の障害者となってしまう・・・そして少年は理解されぬまま、危険人物として薬漬けにされ、感情を失う。

一番辛い事は無感情になること。
母の死に対しても涙がでない、それが一番辛い事。
生きている実感がないのだから。

母親にも父親にも否定されたと感じたら
命のリレーの神秘を感じずにはいられないし、新しい自分の家庭に憧れを抱くのだと思う。

そこの所が男親には愛されて育った自分と違うので、理解できなかったのだともう。

友達とのドラッグは、飲んではいるものの、不能だったと見え・・・
友人たちが楽しく決めている中、一人取り残されている主人公の姿の気付ませんでした(ドラッグ嫌いなんで、その・・・理性的に観れてなかったのです)
身体に落書きが描いてあったので、お楽しみをしたと勘違いしてしまいました。
ごめんなさい。

訳わからんけど、監督若いし、自伝的作品だし、ナタリーちゃん出てるから何かあるはず!3回みてよかったです。今後、ますます評価は上がるかもしれません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ