レビュー一覧に戻る
イカとクジラ
2006年12月2日公開

イカとクジラ

THE SQUID AND THE WHALE

PG12812006年12月2日公開

ref********

3.0

憧れの家族

 夫は妻と子供を愛し、妻は夫と子供を愛し、 子供はそんな両親を愛す。    この映画で描かれるのはそんな家族像です。    ただし、もう少し詳しく書くと  夫は妻と子供と【自分】を愛し、 妻は夫と子供と【自分】を愛し、 子供はそんな両親と【自分】を愛す。  となります。    登場人物達は、求める幸せと現実の乖離に 打ちのめされながらも、皆どうすれば良いのか気付いています。  しかし皆他人を愛する様に【自分】を 愛する事を止められません。    皆相手を思いながらも、愛する自分を守る為に 自分の殻の中で窓を閉める事を選んでしまいます。  映画として過度に物語を作り上げず、淡々と崩壊する 家族を描くだけではあるものの、血が流れるよりも よほど残酷な描写とも言えます。  言ってみれば【リアル】と呼ぶ事にも 作り物っぽさを感じるほどです。  だから作品に物語を求める人は、句点ではなく読点で 終わってしまうこの作品に不満を持つと思います。  しかし問題を起こす子供達を通して、ほんの少しだけですが 彼らは自分の閉じた窓を開けたのです。    それはきっと元にもどらない家族でありながらも、 彼らにとってとても大切な事で、私にとって救いとなりました。

閲覧数196