ここから本文です

イカとクジラ (2005)

THE SQUID AND THE WHALE

監督
ノア・バームバック
  • みたいムービー 215
  • みたログ 991

3.39 / 評価:211件

かぞくのかたち

  • goo******** さん
  • 2011年1月21日 17時38分
  • 閲覧数 372
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

あなたは誰に感情移入できました?
家族の形は十人十色。家族ドラマの映画の形も十作十色。
寂しがり屋だけど全体が見れてる次男坊、本能剥き出しこれも或る意味母親の姿?と思ってしまう母親、絶対父親主義の長男、どんどん情けなくなっていく父親、わたしはあの父親に感情移入して観てしまいました。
どうにもこうにもやるせない現状に、プライドだけは捨てきれない、自分が今までに築いてきた物だってある、でも意外に簡単にプライドを捨てる時もある、なんだか憎めない父親。監督の生い立ちをかなり使った物語だからか、ちょっと飛んじゃっているような感じなのに全然真実に近づいて行く感じが強い、そんな映画です。
何度も読みたくなる短篇小説的な感じでまずは見て見ることをお勧めします。
題名から言って、過度な期待がかかる映画じゃないから大丈夫だとは思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ