ここから本文です

スーパーマン リターンズ (2006)

SUPERMAN RETURNS

監督
ブライアン・シンガー
  • みたいムービー 111
  • みたログ 2,497

3.86 / 評価:1,196件

リターンなのに・・・

  • na7***** さん
  • 2018年6月28日 0時01分
  • 閲覧数 530
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

(過去レビューから引用)

自分の中の「スーパーマン」と言えば、クラークケント=クリストファー
リーブなのだが、本作のブランドン・ラウス・・・いいですねぇ(リーブの
イメージを残しつつ、見事に世代交代してるんじゃないでしょうか?)
もちろん、あの音楽で期待に胸膨らませました・・・ o(゜◇゜o) 

スーパーマンが地球に帰還してからの、最初の事件・・・シャトルと航空機
の救出劇には、ハラハラしましたよ・・・ (≧∇≦)ノ

ところが・・・・

鑑賞開始、1時間半で、飽きちゃった自分がいる・・・ ○| ̄|_

恋人の前から5年も姿を消した事の説明は、別にいいんですよ。でも、あの
見せ方はハッキリいって「ストーカー」じゃないですか・・・確かに自分の
正体を明かせないというヒーローの宿命はあるにせよ、ロイスの生活を(影
からとはいえ)覗き見たり、仕事の休憩に入ったロイスを空中遊泳に連れて
いっちゃうなんて・・・ σ(^◇^;)
「ヒーローの苦悩」を見せたかったにしても、あそこまで等身大にする事は
なかったんじゃないかなぁ?「強い」スーパーマンのイメージが、なんだか
不完全燃焼っぽくなってしまい、ゲンナリ・・・・

宿敵レックスの「大陸製造計画?」で、出現した大陸のスケールは大きいん
ですが、クリプトナイトの影響で弱体化したスーパーマン、その大陸で宿敵
にボコボコにされます。なんか大陸と比較して、スケール感小さっ!
ヒーローvs宿敵なんだからさぁ・・あそこまで等身大にする事ないんじゃ
ないのかなぁ? o(;-_-;)o
まぁ最終的には大陸毎、宇宙に放り出しちゃいましたが、もうこっからは
なんだか惰性で鑑賞・・・

ヒーローの内面や心理描写を描いた代わりに、物語全体のスピード感や緊張感
が希薄になったような感じで、作品全体が間延びした印象になっちゃいました
自分がヒーロー作品に期待するモノと、ちょっとかけ離れたように感じてしま
い、申し訳ないんですが「面白い」とは思えなかった本作でした・・・

(T▽T;)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ