ここから本文です

スーパーマン リターンズ (2006)

SUPERMAN RETURNS

監督
ブライアン・シンガー
  • みたいムービー 111
  • みたログ 2,497

3.86 / 評価:1,196件

面白いけど惜しい

  • hangover さん
  • 2019年8月30日 10時53分
  • 閲覧数 93
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

クリストファー・リーヴ主演のシリーズから19年ぶりに実写映画化されたDCコミックスの人気ヒーロー『スーパーマン』。

リブート作品、または4作目の続きの作品だと思って観始めたのですが、どうも違ったようで一旦停止。ちょっと調べてみると2作目の続きの作品でした・・・。
旧シリーズ2作目までを観た人、またはスーパーマンをそこそこ知っている人じゃないと『?』なとこがありますので、その点は注意が必要です。

キャスティングはパーフェクトで、主演のブランドン・ラウスはどう見てもスーパーマンですし、レックス・ルーサー役のケヴィン・スペイシーも絶妙な配役でした。
ブランドン・ラウスはDCドラマのアローバースでは『アトム』というヒーローを演じてますから、根っからのヒーロー顔なのでしょうね。

5年ぶりに地球に帰還したスーパーマンとロイス・レインの再会、そしてスーパーマンに復讐を誓うレックス・ルーサーの暗躍の二本柱で物語は進みます。

ほぼ無敵のスーパーマンのド派手な暴れっぷりは迫力満点でしたが、ロイスとの関係描写に多くの時間を割き、アクションシーンがやや少なかったところが大ヒットしなかった一因かもしれません。

DCはこの作品からジャスティス・リーグの流れに持っていけていれば、DCエクステンデッド・ユニバースの苦戦もなかったのかも。

惜しい作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ