ここから本文です

スーパーマン リターンズ (2006)

SUPERMAN RETURNS

監督
ブライアン・シンガー
  • みたいムービー 110
  • みたログ 2,503

3.86 / 評価:1,204件

現代版コピーを望んだか

  • jok***** さん
  • 2011年12月19日 23時14分
  • 閲覧数 395
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ブライアン・シンガー監督作品。

?以降はナシにして?から継承したストーリー。

スーパーマン役は何千人の中から選ばれたブランドン・ラウス。
意外とハマっていた。

悪役は旧シリーズでジーン・ハックマンが演じていたレックス・ルーサー。
演じるのはケヴィン・スペイシー。

同じブライアン・シンガー監督作品では「ユージュアル・サスペクツ」以来の出演。
ジーン・ハックマンのレックス・ルーサーよりもはるかに強烈。

しかしケヴィン・スペイシーはかなり演技がうまい。
冷酷なキャラは異常なまでにハマる。

この映画はブライアン・シンガーの念願の企画だった模様。
二作目まで監督していた「X-MEN」シリーズの完結編である「X-MEN:ファイナル・ディシジョン」の監督を蹴ってまでこちらを優先。

結果的には失敗だが。
興行的にも内容的にも失敗だった。

よって予定されていた続編企画は消滅。
ノーラン製作、ザック・スナイダー監督でリメイク「スーパーマン:マン・オブ・スティール」の製作が決まった。

しかしそこまで悪くなかったように感じた。
?と?の比べたら明らかに面白い。

しかしストーリーが深いのに脚本の練りが足りない。
そのため無駄なシーンが多い。

上映時間もこのストーリーに2時間半は長すぎる。
旧シリーズに比べ、少しダークな作りになっているにもかかわらず詰めが甘いように感じた。

しかしキャラクターたちの人間関係は明らかに旧シリーズよりいい出来。
もちろんアクションもパワーアップしている。

ジョー=エル役のマーロン・ブランドも映像のみながら再登場。
さあ彼の遺作はこの作品なのか「スコア」なのか。

ともあれ娯楽としてはふつうに面白い作品。

駄作ではない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ