ここから本文です

ゲド戦記 (2006)

TALES FROM EARTHSEA

監督
宮崎吾朗
  • みたいムービー 268
  • みたログ 5,538

2.34 / 評価:7909件

タイトルはこれで良いのか

  • mas***** さん
  • 2020年7月25日 21時20分
  • 閲覧数 1928
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

再上映4作全部鑑賞、これは初見でした。

スタートの竜のシーン、その後の父殺害も掴みとしては良い、その時点ではわからない事だらけってのがジブリ。

しかし竜の詳しい話はじーさんの話のみ。世界の均衡の話は元の世界がわからないし描写が弱い。魔法も殆ど出てこない、魔法使いが減った理由もよくわからない。あの剣で何故クモがやられたのかも謎。何故テルーが歌い出したのか。ハイタカ・ゲドの由来も過去もわからない。城で魔法を使えないのはなぜ。真の名前って。

?が多いのに殆ど回収なしに終わってしまった。

とてもスケールの大きな話の様にスタートしたのに、とても狭い世界の小さな出来事の様に終わってしまった。

全て説明不足、
別に詳しく説明しなくても良いんだが、視聴者側の独自の解釈でどうぞって感じもしない。ただ説明不足でこちらに考えさせる様な演出もあまりない。

話を進めるため説明の台詞が多く、?も多く、その度に冷めていき入り込めず、何というか本編のない総集編を見ている感じ。
原作読まないと分からないというのはどうなのか。

テーマも世界観もRPGみたいで悪くないのに、2時間そこそこでまとめようとしたのが無理があった様に感じる。まとまらないなら無理に作らなくてもと思ってしまう。

三部作とかにすればとても良いものが出来ていた様な気はする。
作り直して欲しい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ