ここから本文です

サイレントヒル (2006)

SILENT HILL

監督
クリストフ・ガンズ
  • みたいムービー 298
  • みたログ 2,955

3.50 / 評価:1568件

実は結構原作から改変された所が多い、が…

コナミから発売された同名ホラーゲームの1作目の実写化です。
登場人物やクリーチャーはゲームから引用されていますが映画オリジナルの要素も多く、最大の違いとしてはそもそもゲームの主人公は母親ではなく父親の方である、ということでしょうか(映画の主人公である母親はゲーム開始時点で既に亡くなっていて主人公は男手一つで娘を育てているという設定です)
この手の原作からの改変は既存のファンからは叩かれがちなものですがこの作品はそれらの変更点を補って余りあるほど「原作の雰囲気の再現」に成功しています。
サイレントヒルという町の灰色の空気や寂寥感、裏世界の鉄錆と流血にまみれた退廃感、そういったものが現実にあったらどうなるか、というファンのイメージをこれ以上なく忠実に表現できている…
劇場での公開後に監督自身もこのゲームのファンである、という話を聞いたのですがなるほど納得できる出来栄えです。
もちろん原作にない要素やメッセージ性については好みが分かれるかもしれません、がこれだけの作品を作り更に自分の考えた要素を入れて違和感を感じさせないものに仕上げている訳ですからむしろ見事というべきだと思います。

一方で正直に言って原作ゲームに手を出していない人にはあまりおすすめ出来ない映画である、という印象も受けます
原作は町のあちこちをハリー(父親)が探索して真相を探っていく、という探索型のゲームですが映画では主人公のローズ(母親)がほぼ一本道で話を進めていく訳ですから少々ダイジェスト感があるのは拭えません
また、原作は「土着の宗教とカルト教団が暗躍する田舎町で家族を探す男の話」ですが主人公自身はカルト教団とは何の関係もない部外者、余所者の一般人で教団の秘密などについてはゲームでも最後まで明らかになることはありません。これが映画にもそのまま受け継がれていますから説明不足、何が何だか分からない、と感じる方もいると思います
後半部分の人間相手のグロテスクなシーンも前半のほぼクリーチャーを相手にするだけだったのと違って拒否感を示す人は多いかもしれません

原作ゲームをプレイ済みの人向けとして見るなら☆4を付けたいところなんですが…あくまで単独の映画として見た場合の評価ということで☆3です

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ