ここから本文です

パパラッチ (2004)

PAPARAZZI

監督
ポール・アバスカル
  • みたいムービー 15
  • みたログ 182

3.02 / 評価:50件

そりゃキレるよね、と同情してしまう映画

  • o6c***** さん
  • 2014年10月4日 1時20分
  • 閲覧数 467
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

パパラッチのせいで多大な被害を被った芸能人(主人公)が、パパラッチに復讐するという話。

最終的に主人公はパパラッチを全員殺害。
まあ、やり過ぎといえばやり過ぎな復讐劇です。
けれど主人公の家族のプライベートや裸を写真に撮ったり、カメラのフラッシュで故意に交通事故を起こさせたパパラッチの行動は、肉体的にも精神的にも社会的にも相手を死なせかねないわけで。
しかもパパラッチらは、実際ターゲットが死んでも構わないというくらいの勢いでストーカーしてるわけで。
うーん、攻撃要素と自己防衛要素が半々なパパラッチ殺人です。
現実には殺人なんてやってはいけないけど、個人的には、芸能人のパパラッチを殺したいとまで思う気持ちは理解できてしまいました。

多分1番の被害者は大怪我を負った主人公の息子なのだけど、個人的に奥さんが可哀想。
交通事故直後、救急車も呼ばずパパラッチが事故現場を撮影するシーン。
そこでパパラッチの一人が気絶した奥さんの服の胸元をめくって写真を撮るのだけど、それが許せなくて許せなくて。
もしパパラッチの写真がメディアに出回れば、それはもはや回収不可能。
女性を尊厳を踏みにじるような行為の数々に吐き気がしました。。

映画としては飽きずにじっと見れてしまうけど、パパラッチが全員死んでもイライラモヤモヤは収まらないのが難点です(笑)
パパラッチを殺すだけでなくて、もっと周囲の人間の同情を貰う要素があれば、スッキリしたかな??
……いや、しなかったかも(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ