ここから本文です

新選組!! 土方歳三 最期の一日 (2005)

  • みたいムービー 50
  • みたログ 329

3.83 / 評価:88件

SETでひとつ、お願いします。

  • なないろ さん
  • 2008年5月4日 22時08分
  • 閲覧数 600
  • 役立ち度 18
    • 総合評価
    • ★★★★★

歴史関係全くダメな私↓大河とか話題になっても、いくら豪華でもお正月SPでコレしかやっていないといわれても、今まで見向きもしなかった。『新選組 !』もこの頃は話題沸騰でしたよね。なんかキャラクターというかグッツまであったような記憶があります。かなり追っかけ再生ですが、つい最近ダダーーーっとドラマから『新選組!! 土方歳三 最期の一日』まで全て制覇しました。

嵌った!!かなり面白いじゃないですかぁ
(↑かなり遅い↓)

まず登場人物の多さで躊躇しそうだったけれど、豪華というかバラエティに富んだキャスト陣。知ってる顔だと覚えやすいんですよね。(あ、この人曲者とか)ストーリーも有名なんですが、好きな人はこの時代好きだったりしますよね。全くわからない素人にも、さすが三谷幸喜さん☆笑える要素も盛り込みつつだったので、飽きることがありませんでした。途中で絶対投げ出すかと思ったのに、次回が待ち遠しくなる時代劇は初めてでした。

これには感動すら覚えて☆☆

で、『新選組!! 土方歳三 最期の一日』
これはドラマ『新選組 !』の続編なのでキャストがかなり減ります。(涙)でも、回想シーンがあるからと前向き↑前回は新選組と土方歳三が奇襲作戦に出向き、近藤勇(香取慎吾)の最後の死で幕を閉じた。(あー、泣ける)こちらはその後の土方歳三の殆ど1人舞台ですね。この後の出来事の総集編ではなく、彼の最後の一日という発想もすごいなぁと。(確かにその方が変に省かれなくていいかも)

土方と残った者達の最後の勇姿
そして今まで巡り会った
新撰組、その他も回想シーンとして登場
最終地でこの戦の末を見せてくれた

三谷さんの脚本のもと作られた新生・ドラマは希望に満ち溢れていました。実際の映画・ドラマでは同士達の普段の生活像など省略というよりないものとして出されると思う。でも、このシリーズは人間性や繋がり、彼らが上を目指す視点等が描かれていたので、知識が無くても十分理解することが出来た。あくまでも物語として受け止めて、こういった事があったんだと、学生の時に見ていたらもう少し勉強したんじゃないかと思ったり。

この作品を見るなら、やはり最初からがいいですね。
膨大な量で『24 -TWENTY FOUR-』みたいに徹夜になるかも(笑)

珍しく楽しかったので、思わずレビューしてしまいました。
コレだけ観ても楽しめないと思います。
是非『新選組 !』+『新選組!! 土方歳三 最期の一日』SETでオススメします。

戦の中にもいろいろあったんですよね。
辛く苦しいことばかりじゃなくて
もしかしたら笑いあったり、思いやったり
仲間との絆、敵だけれど友情もあったり・・・
そんなところを描きたかったんだと思います。
今までには考えられなかった人生劇でした。

SETだったら☆10でもいいんだけれど
これ、わりと回想が多かった気がします。
なので☆3



最後まで土方も(新撰組も)美しかった




※役立ちにはならないもので、すみません※

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ