ここから本文です

カーズ (2006)

CARS

監督
ジョン・ラセター
  • みたいムービー 246
  • みたログ 3,807

4.06 / 評価:1,577件

ラセターさん、ありがとう。

  • マイコメロディ さん
  • 2007年11月1日 21時34分
  • 閲覧数 886
  • 役立ち度 31
    • 総合評価
    • ★★★★★

日本アニメ界の巨匠、宮崎駿監督と親交の深いジョン・ラセター監督作品!ということで、本人はこの映画について「ミヤザキサンの作品を意識して作った部分が多いデス」とか何とか言ってましたが、ノリは思いっきりアメリカンでした(笑)でも、楽しかった!思わず吹き出しちゃうシーンもあったし・・・感動もしましたよ!

それにしても、CGは本当に綺麗でしたし、迫力ありましたねぇ。
途中、本物のミニカーを使ってるのかな?と思っちゃうようなリアルなシーンもありました。大自然のシーンも素晴らしかったです。

見る前は、車が主人公にしても、それに乗る人間が出てくるだろうと思っていたら、本当に車だけの物語なんですよね。びっくりしました。
というか、ハエまで車なのには驚いた・・・!!まさに「カーズ」!

最初は子供向けだよなぁとか思って見ていたんですが、だんだんテーマが哀しくなってきて、アレレと思ってるうちに涙がポロリ。

新しいものをつくっては古いものはすぐ捨てるとか
いつも便利なものばかり必要として、もともとあった大切なものを忘れてしまうとか・・・
私たち人間のどん欲な姿に投げかける監督の熱いメッセージがとても良かったです。

だからこそ、車を主人公にしたのかな?ともとれますね。
現に、この映画にはピカピカのスポーツカーから、高級フェラーリ、ボロボロのフォルクスワゲンやブルドーザーまで出てきますからね。
古い車も新しい車も車は車。それを忘れないで!ということかしら?
と自己解釈してます。



ちなみに「ラセターさん、ありがとう」という宮崎駿監督とラセター監督の共演ムービー?!があるようですので、興味のある方はぜひ!
私は見たことないですけどね・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ