2006年6月3日公開

花よりもなほ

1272006年6月3日公開
花よりもなほ
3.5

/ 546

25%
27%
28%
12%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

仇討ちに藩が賞金を出していた元禄十五年に、田舎侍の宗左衛門(岡田准一)は、父の仇討ちのために江戸に出てくる。しかし、剣の腕がからきし立たない宗左衛門は、貧しいながらも人情味あふれる長屋で暮らす間に、仇討ちをしない人生もあることに気づかされる。宗左衛門は、仇討ちに対して疑問を抱き始めるが…。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(226件)

楽しい21.0%笑える20.6%コミカル16.0%泣ける8.1%切ない7.5%

  • かおる

    3.0

    ネタバレ録画したので、観ました。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • カリブソング

    5.0

    落語の世界のような時代劇

    武士の本分だの敵討ちだのよりも、長屋の連中にとっては今日食べることのほうが大事。是枝監督の描く笑える時代劇。

  • ocy********

    2.0

    何が言いたいのか

    武士は役立たずだとか、仇討の虚しさなんかを問うセリフがあったり、武士の家で育ったはずの後家さんが学問の無さをあまり恥じることなく言葉の意味を人に聞いたりしてたが、そういうのは現代人の感覚なんじゃないだろうか。家を守り、家の名が汚されたら仇を討つ。道徳を守り、文武両道励み、人々の規範となる。そういう教育を受けてきた人たちの事を現代人の感覚で貶しているようで、庶民を描きたかったのなら、もっと別の方法があったろうにと思う

  • der********

    3.0

    イメージに頼りすぎ

    イメージが固定している人間に、そのイメージのままの役をさせる。それって確かに安心感はあるだろうけれど、やはり安易に走りすぎると思う。この映画では、誰でも知っているお笑い芸人が、イメージそのままにぼろ長屋の住人を演じている。お金を出してくれた吉本への忖度? 監督の手抜き? 真逆の役をみごとに演じさせてこそ、監督冥利に尽きるのではないだろうか? かつて黒澤明が、『どん底』で成功したように。

  • Barca2009

    3.0

    ネタバレ最後まで観てほしい

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
花よりもなほ

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日