ここから本文です

東京大学物語 (2006)

監督
江川達也
  • みたいムービー 37
  • みたログ 187

2.78 / 評価:68件

見逃されていた核心

  • goo***** さん
  • 2006年11月4日 20時30分
  • 閲覧数 507
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

 変わった思考を持つがゆえにいじめられ続け、孤独だった遥。

「合わせなきゃ 合わせなきゃ
 やりすぎず やらなさすぎず 人並みの 人並みの
 やりすぎず やらなさすぎず 人並みの 人並みの」

 漫画であれだけ多くの読者を得ながら、見逃されがちな核心を汲み取る。
本作はヒロイン遥の視点で再構成することで見えてくる、もう一つの東京物語。

注意!漫画の方はエロさだけでも楽しめたかもしれませんが、本作はそんなに
エロくありません。

 以下ネタバレ

 原作のように、最後はまたフクザツなでしたね。私は作者の感性は信じるのですが
ああいう終わり方をする意図はいまだに理解できません。
 構成はこんな感じでしょうか。

村上が死んだ
 と考えていた遥が死んでいた
  という作品を、自分のモデルとして遥がかいた
   その遥は幻だった
    という映画。

 こういう構造をいちいちふまえてたらそれまでの物語がつまらなくなるので、
私はこの終わり方を、独立した表現として切り離して観ました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 不思議
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ