ここから本文です

立喰師列伝 (2006)

監督
押井守
  • みたいムービー 20
  • みたログ 216

2.44 / 評価:124件

解説

『イノセンス』などで世界中から注目され、常に新しい映像表現を開拓し続ける押井守監督の新感覚アニメーション。これまでの作品で繰り返し扱ってきた「立ち喰いのプロ」をモチーフに、伝説の立喰師たちの真剣勝負を実写と3DCGアニメを融合させて描く。押井監督渾身の一作に、スタジオジブリを率いる鈴木敏夫、映画音楽の巨星・川井憲次ら日本のトップクリエイターが結集。新技法「スーパーライヴメーション」を駆使した映像が異彩を放つ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

戦後間もない昭和20年、闇市にたたずむ一軒の立喰い蕎麦屋に謎の男が現れた。この男は「月見の銀二」と呼ばれる伝説の立喰師で、彼の容赦ない「ゴト」に店主は震撼する。時代は変わり、美貌の女立喰師「ケツネコロッケのお銀」や「哭きの犬丸」など多くの立喰師が、ただ一食のために己の全知と全能を賭け飲食店主に挑んでゆく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ