ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

戦国自衛隊 関ヶ原の戦い (2005)

監督
猪崎宣昭
齋藤光正
  • みたいムービー 14
  • みたログ 228

2.58 / 評価:62件

穴だらけだ。人も、作戦も …

  • yamaneko_bucchi さん
  • 2018年9月8日 0時12分
  • 閲覧数 759
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

その1
伊庭小隊長という隊士
まあ、妻子を残して戦国時代に行ってしまったんだから、帰りたい気持ちは強いだろうね。ここにいるべきじゃない。何とかして早く帰ろう。
ならば、そこの葛藤をもっと描いてほしかった。彼の主張はただ一点。「歴史に触るな」。これじゃあ、ダメですよ。だって自分の部下の多くは小早川軍に殺されたんですよ。その目で見たでしょ? あれは虐殺ですよ。それなのに最後の最後まで秀秋に信頼を寄せるなんて、アホか。なぜその場で仇を取らない。戦車もヘリもあるのに。お前みたいな奴の下にいる者はほんとに不幸だ。まったくもって犬死にじゃないか。ほんとに中途半端な奴だ。よく部隊をまかせてもらえたな。

その2
徳川の忍びはクノイチしかいないのか
半蔵はどうした。どこに行ったのか。女の忍びが悪いとは言わないが、それならそれで、男の忍者にはできないいろんなやり方があるだろう。げんに淀君は小早川秀秋を色仕掛けで落とそうとしたではないか。なぜ男と同じことしかしない。しかも男の忍びがいない。女しかいないというのも如何なものか。

その3
自衛隊はいつ移動したのか
タイムスリップしたとき、琵琶湖畔にいたではないか。
でも、家康はいるし、小早川秀秋も。淀君まで。
おかしいと思ったんだ。いつ関ヶ原に移ったのか。
それになぜ、前田愛の住処は戦場の中にあるのか。ふつう、あんな原っぱの中に家なんてないだろう。よしんば、あったにしても、戦が始まるのはわかってるんだから、何処かに避難してるだろう。それならあんな最期を迎えんでもいいのに。

その4
なぜ戦車とヘリで家康の本陣を一気に襲わない
できるでしょ?
ほかの部隊と戦って爆弾や燃料、消耗するぐらいなら、いきなり家康の本陣に攻め込んだほうが勝負は早いじゃないか。軍議は開いたのか? 作戦は立てたのか? 嶋村治部少輔にしてはツメがアマイなあ。
しかも、なんであんなに簡単に徳川のくノ一にやられるんだよ。実戦経験のない自衛隊だから? 幾多の修羅場を乗り越えてきたくノ一にはかなわない? 冗談でしょ。燃料が切れ、弾薬を使い尽くすまで戦えよ。自衛隊の本気を見せないか。

その5
ぶつぶつ……

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ