ここから本文です

フラガール (2006)

監督
李相日
  • みたいムービー 2,301
  • みたログ 1.1万

4.32 / 評価:4,518件

人生の節目に見ておきたい映画

  • han***** さん
  • 2015年5月5日 20時18分
  • 閲覧数 1910
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

 今さらですが、スマホのサイトの見放題があったので見ました。もう9年以上も前の作品です。中盤から何度も涙がちょちょ切れます。印象的だったシーンは3つ。

(1)まずは親友だった子(徳永えりさん)との別れ、それに繋がるストーリー。夢と現実、家族と友情、現在と未来をはかりにかけ葛藤する心情がリアルでした。ブーゲンビリアの花飾りが送られてきたシーンはそれらの感情を束ねる美しさでした。

(2)静ちゃんの父親の死、これはは叶い。

(3)そして、ラスト近く三宅さんがストーブを乞うシーン、母親である富士順子さんの「今まで仕事ってのは暗い穴ん中もぐって真っ黒になりながら死と背中合わせでやるもんだ、って思ってた、だけど、これからはにっこり笑ってする仕事があってもいいんじゃないか、そんな仕事ができる世の中になっていっていいんじゃないか」の言葉と、ラストでの娘の晴れ舞台での至高の姿に狂喜される姿は心が洗われます。

 何度見ても、いくつになっても心が震えるまさに日本の映画史に燦然と輝く最高傑作だと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ