ここから本文です

フラガール (2006)

監督
李相日
  • みたいムービー 2,319
  • みたログ 1.1万

4.31 / 評価:4681件

産業転換期の苦悩とダンサーの心の強さを描

  • tat******** さん
  • 2020年12月9日 19時37分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

先細る炭鉱産業、それに代わるハワイアンセンターを開園させる。そこでフラダンスを踊るダンサーを育て上げてゆく過程、産業の転換期の苦悩を描く。炭鉱にしがみつく者、現実を受け入れる者、想いはそれぞれあるが現実は容赦なしに進んでゆく。反対する者も受け入れざるを得ない。
子を思う母心が映画に深みを与えている。

借金取りは不要かも・・・箸休め的な位置付けだ。
音楽は今一つ・・・目立ち過ぎ。
それにしても、フラダンスはすごい!かなり練習したのだろう。

ーー
2020/12/09 8

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ