レビュー一覧に戻る
ゆれる
2006年7月8日公開

ゆれる

1192006年7月8日公開

aka********

4.0

ネタバレ真実はなに

どーゆうラストになっていくんだろうと思いながら見てた。 自由奔放に行きてきた弟がそんな乗り気ではなく帰ってきた母の一周忌できっと東京では思い出しもしなかった幼馴染の元カノと再開する。 田舎で真面目に生きてきた、自分にも優しい兄と仲がいい姿を見て気まぐれに女の家に行ってヤる。女が自分の写真集を持っている事を知っても嬉しいなんて感情は湧かない。そんな程度の存在の女。 兄の事も女の事も軽んじて見ていることがよくわかる。   そんな弟の一夜の行動が、兄と女の関係をゆらす。 翌日に行った吊り橋で事件は起こる。 弟は何があったか見ていた。 そしてそれが自分がした行為から引き起こした事件だとわかっていた。 だから兄を庇った。 裁判が進むにつれ弟が隠したかった事実が明らかになる 明らかになるにつれ兄がおかしくなっていくように見える弟 ゆれる弟 ゆれる真実 本当の真実は何だったのか、、、、、 香川照之が本当に優しいお兄さんにもみえ滑稽な兄に見え惨めな男にも見え、そして狂気を持つ男にも見え私にも真実は読み取れなかった 最後昔のフィルムを見て真実を思い出す弟。 けどそれが本当の真実なんだろうか。 弟はその時見えている兄に、そして自分の感情に翻弄されすぎている そして最後が本当の真実だったのなら、兄は弟を許すことは出来るだろうか。 田舎で親の世話をし家業を継いで面白くもなく生きてきた自分が唯一好きになった女性を故意でも故意じゃなくても死なせてしまったその重い罪を背負って生きていく事を強いられた彼は、弟を許せるだろうか 「家に帰ろう、兄ちゃん」 帰ったら兄はまた自分を殺して閉鎖的な田舎で面白みもなく生きていくことになるだろう。 どこまでも罪な弟。 いっその事東京に連れて行ってやれよ キャバクラにでも連れて行ってやれよ はっちゃけされてやれよ その方がお前らしいよ、弟 あまりにも兄がかわいそうだよ

閲覧数3,047