ここから本文です

武士の一分(いちぶん) (2006)

監督
山田洋次
  • みたいムービー 402
  • みたログ 4,303

3.66 / 評価:1991件

キムタクではなく役者・木村拓哉だった

  • ピスタチオ さん
  • 2020年11月7日 20時16分
  • 閲覧数 307
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

公開当時、映画館で観ました。
キムタクも時代劇も、あまり好きではなかったけど、タダ券をもらえたから暇つぶしにと足を運んだだけだった。
そしたらキムタクがキムタクではなく役者・木村拓哉で驚いた。笹野高史さんも、この作品で知って、味のある役者さんだなーと思った。そんな記憶がある作品。

14年経って改めて観てみたけど、やっぱり木村拓哉がすごい。「ちょ待てよ!」なキムタクがいない。
カヨや徳平に「アホだの〜」と軽口を叩く時の優しい口調がツボ。
そして盲目になってからの演技が圧巻。
怒りに満ちて、カヨを見つめる時の冷たい目、徳平に伝言を頼む時の目、何度観てもゾクッとする。

劇中では「〜でありましねが」「だども」など、独特な言葉を皆話していて、檀れいは、ちょっと取ってつけたような言い方だったのに対して、木村拓哉の話し方は自然に聞こえた。(檀れいも健気に尽くす可憐で、でも芯の強い妻を好演していたとは思うけど)

キザなキムタクの何倍も魅力的でかっこいい。

物語も起承転結がわかりやすく、綺麗にまとまっていて良かった。
公開当時は、武士の一分と言う言葉の意味を知らなかったけど、「侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目」という意味だそう。それを知った上で見るとなお素晴らしい作品となった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ