レビュー一覧に戻る
武士の一分(いちぶん)
2006年12月1日公開

武士の一分(いちぶん)

1212006年12月1日公開

s_r********

5.0

極上の映画。ゆるぎない武士

最高の映画に巡り会いました。 何と言っても主演の木村拓哉が素晴らしい!! 本当に驚いた!!そして感動した!! まさしくそこに凛々しい武士の姿を見ました。 前作2作も勿論見ました。そして原作も、隠し剣シリーズのみならず 藤沢周平ものはほぼ読破していますが、あの短い、そして味わい深い 盲目剣をよくぞここまで丁寧に描ききってくれました。 前作2作も間違いなく秀作でしたが、原作ファンとしてはどうしても いくつかの短編をつなぎ合わせた綻びが見えてしまうのが残念 でしたが、武士の一分は一つの物語をじっくりと深く丁寧に描いた だけでなく、それを原作以上に膨らまし、完成させた傑作だと 思います。そしてそれには間違いなく木村拓哉の迫真の演技が 貢献していたと言えるでしょう。彼の見事な侍の体現、そして 鬼気迫る表現力がこの映画を原作以上のものに押し上げています。 一つの短編をじっくり深く描ききることによって、見る者に 様々な想像力を働かせ、感じ入る余地を与えている、そういう 映画です。今回は原作を盲目剣 谺返し 一本に絞ったのは 大正解だと思います。これを前作2作と比べて内容が薄い などというのはあまりにも浅い読みではないでしょうか? また、私はこの映画を見て木村拓哉の役者としての力量に 圧倒されました。かれの演技力、魅力がなければこれは 成り立たなかった。ここにきて本領発揮ということでしょう。 山田洋次監督が役者としての彼にほれ込んだというのは ウソでないことが良く分かりました。前作2作の役者たちも それぞれよかったとは思いますが、あくまでも職人として、 という域を出ていなかった・・・つまり、映画全体としての 化学反応によりそのよさが証明された、という感じでしたが、 今回の主役は他の追随を許さないほど圧倒的。この映画を みるまでは、木村拓哉にははっきり言ってそこまで注目 したことがなかったので、これはまるで宝物を発見したかのように 衝撃的でした。 勿論、その他の役者たちも素敵でした。笹野さんはあっぱれ。 壇れいさんも美しさが引き立っていて、これはもう彼女の 演技力うんぬんよりも、彼女そのものの魅力でしょう。 この映画、ある意味見る人を選ぶかも。想像力に欠けるひとには 響かないのかもしれませんね。見た人の力量というか、繊細さとか、 そう言うものも問われる。本当の意味でよい作品です。 分かる人には絶対分かる。いろんな意味で、心が豊かな人には 必ず伝わる、心に響く、そういう映画だと思います。 できるだけたくさんの方々に、映画館で見てもらいたい作品です。

閲覧数2,231