レビュー一覧に戻る
武士の一分(いちぶん)
2006年12月1日公開

武士の一分(いちぶん)

1212006年12月1日公開

hik********

4.0

命を懸けてでも守りたいもの。

良い映画でしたよ。 「一分」≒「命を懸けてでも守りたいもの」が良いコンセプトになっていました。 日本アカデミー賞に輝いた笹野高史氏も見事ながら、 特筆すべきは、檀れいさん。 飲み物がこぼれた際にスッと手ぬぐいを取り出してふき取る、お湯を注ぐ際の手の動き、お辞儀をする際等の身体の筋肉の動かし方など、一つ一つの所作・作法が本当に美しかった。 演技も見事で、夫を誰よりも何よりも支える献身さが溢れていて素晴らしかった。 こんなにも美しく、でもどこか儚く、繊細でたおやかな動きが出来る女優がいたとは。 ラストも感動的で良かったです。

閲覧数2,423