ここから本文です

キャッチ ア ウェーブ (2006)

CATCH A WAVE

監督
高橋伸之
  • みたいムービー 74
  • みたログ 560

3.67 / 評価:349件

忘れられない映画

  • tou******** さん
  • 2019年6月29日 20時09分
  • 閲覧数 2255
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

13年前の映画だったのか・・・
あの頃の私は当然今より13歳若く・・・
これといった趣味も娯楽もなく(確か・・・)映画も楽しく観る、というよりも
映画から何か学ばねば!みたいに肩に力を入れてみていたような気がする。

これといった趣味・娯楽もないため、とにかく映画館に足を運んだ。
あの頃は、ヤフーレビュー、の存在も知らず、ただただ直感で映画を選んでいた。

前置きはさておき・・・しゃにむに観た映画の中でとにかく“観なきゃよかった・・”と思った映画がいくつかあった。
この映画がその一つ・・・最後の最後まで分けが分からなくてとにかく少年3人の演技が下手で下手で・・・演劇部だってもっとましじゃないか!?とすら思った。

しかしだ・・・・13年後の今。どうだ。三浦春馬・・・濱田岳・・・押しも押されぬスターだ。木村君も頑張っている。

すごいなあ。本当にすごいなあ。あの時のあの子たちが・・・
一方私は・・・13年後も相変わらずの日々だ。いや加齢により疲れやすくなって観たい映画を観にいけないジレンマに襲われることは増えた。
しかしだ。直感が当たるようになり、観る映画観る映画が大当たり(ごくたまに外れる)。そして、あの頃知らなかった“ここ”、を知った。見ず知らずの人たちと映画の感想をシェアしあい、“ここ”の一言に後押しされて映画館に足を運び、いい映画にもたくさん出会えた。本当に感謝だ。“うそっこ”レビューの高評価(低評価)にも気づけるようになった。そういう応援の仕方もあるんだね、と思ったりいい加減にしろよ!と腹を立てたり。

何よりも、あの頃は映画から何かを学ばねば!の義務感が!?が強かったのだが、今は本当に映画が好きだ、と心の底から言える。
それも映画館に行って、私と同じような見ず知らずの“バカ野郎”たちと(だって、天気の良い日曜日のお昼・・他に行くとこないんかい!って思うこともしばしば。ま、私もだけど・・・)場を共有しながら観るのが結構好きだ。

そうやってこれからも映画を観続けていくと思う。

それにしても・・・☆一つ。しかつけれません。ごめんなさい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ