2006年10月28日公開

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ

1312006年10月28日公開
木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
4.1

/ 977

51%
25%
14%
5%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(471件)


  • JUNJUN

    5.0

    感想

    2作目も最高でした。

  • ちーちゃん

    4.0

    懐かしい

    今WOWOWでやってます。懐かしいなあ。 みんな若い!このシリーズは結構笑わせてせてもらいました。大好きです!

  • yam********

    4.0

    最高

    テレビシリーズから好きで、やっぱり面白い。

  • ゆべし

    5.0

    笑って泣ける

    今は絶対に見れないであろう岡田准一のやんちゃキャラ 阿部サダヲ、ぐっさんのコミカルなやりとり そして父役の小日向文世と岡田准一の親子らしい最期が泣けます。

  • sak********

    3.0

    テレビ映画

    日本シリーズよりはよかった。 画質もスケールもテレビサイズを超えられなかった。 しじみもあまちゃんで使いまわす。 いつもの方式とはちがう。しかし、時制のコントロールはむちゃくちゃやってる。これはズルい。 あとネタバラシされてもグラウンド作れがウッチーでしたは、まったく納得行かない。聞こえ方違うだろ。 野球のシーンが長いのに見てられないほどヘタすぎる。軟式で外野に転がってなんで一塁にヘッドスライディングするのか。 意外な人同士がくっつきましたみたいなのがこの時のクドカンの中のはやりなのかもしれないけど、やっぱり合わないやつと結婚させてるのが気持ち悪いし、笑えない。作者の手が見える。 フィールドオブドリームスが観たくなる。

  • jqb********

    3.0

    ネタバレ悲しい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • noe********

    2.0

    日本シリーズの方よりは…

    マシですが、やはりドラマの時のような面白さは欠けています。

  • yam********

    4.0

    ネタバレ名作といえば名作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • noz********

    5.0

    笑い有り、涙有り

    久しぶりにキャッツアイを全て見直しました。 なかなか死なないぶっさん、でも今回は死んじゃう。それだけで大泣き。 みんなバラバラになってでもまた集まって野球して、 いつも通りのハイテンション、有り得ない展開、そして涙。 キャッツアイ、愛してる! 木更津ぅ〜〜〜キャッツ!ニャー!キャッツ!ニャー!キャッツ!ニャー!

  • kou********

    3.0

    ふつうだなぁ

    お父さんにだけ見えなかったのはそういう事だったんですか。 小日向さんがやってるのって、なんか良い役だ。劇中で一番ふつうの人なのにねぇ。

  • yum********

    4.0

    終わらせる事をちゃんと伝える事

    沢山の方が 日本シリーズの方が 面白かったとレビューしてますね 私もそう思います 話は面白い でも この映画は 見る側にも演ずる側にも “終わらせる”のが一番大事な映画だと思ったので 木更津キャッツアイらしく 素直に本音をぶつけられない若者たちが 普通に過ごして でも精一杯過ごしてる日常の言葉でいう 最大級愛のこもったばいばいなんだろうな~ なんておもったりします 不器用なんだけど その裏に隠れてる 愛だなぁなんて アンコールのアンコールに応えてくれた スタッフやキャストの皆さんありがとう ばいばい!

  • yos********

    5.0

    相変わらず笑っちゃう

    ドラマも観ていたけれど 木更津キャッツアイは 意味のないような、何だかよくわからない というシーンにいろんな付箋が貼ってある。 それは、別に見落としてたぁ・・・ とまた巻き戻して観るほどのことでもなく ストーリーが展開していくにつれて どんどんその「意味」があとからついてくる。 そこが面白くて結局最後には楽しかったぁ と笑って終われるのである。 また、脇を固める古田新太や阿部サダヲが そんな奴いないじゃん!ってツッコみたくなるほど 強いキャラクターを演じ、そこが私の笑いのツボだったりもする。 この笑いは誰にも書けないクドカンのオリジナルワールド なのである。

  • hir********

    5.0

    やっぱりクドカン映画はいいな。

    日本シリーズはテンポが速すぎて、初めてみる人間にとっては少しついていけなかったが、ワールドシリーズは、数段面白い。大好きなクドカン映画がまた見れて幸せだ。酒井若菜のあほな役も最高。

  • sar********

    1.0

    くだらん

    コメディとして、全く笑うとこなし。見るのは時間の無駄。

  • sqf********

    4.0

    ネタバレばいばい。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gah********

    5.0

    ネタバレあまちゃん遡ってキャッツアイ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • shu********

    5.0

    ぶっさんは、本当にもういないんだね

    ドラマで岡田さんが20代の等身大の男の子を体当たりで演じている所がすごく魅力的で、すっかり「キャッツ」のファンになりました。映画やドラマはエンターテイメントですから、そりゃあ現実には有り得ないシーンもありますが、それでも「キャッツ」を観ていると木更津にはぶっさん達が本当にいるって気にすらなりました。「日本シリーズ」まではこのワールドシリーズが出来た様に、どんな形でも「キャッツ」を継続できる感がありましたが、「ワールドシリーズ」によって、その道は完全に絶たれたなと思いました。「ああ、ぶっさんは本当に、本当に死んでしまったんだ。もうキャッツの次回作は有り得ないんだ…」と。そう思ったら涙が止まりませんでした。「ぶっさん」という一人の人間のドキュメンタリーをリアルタイムで観ていた。そんな気分にさせられたお話でした。ドラマの雰囲気からいくと、らしくないといえばそうですが、観ている側の人間までもが「キャッツ」にお別れが出来た。という点では「有り」なんじゃないでしょうか。私はどんなドラマでもアニメでも、最終回になると「置き去り」な気分を感じてしまうのですが、そういった点では私もちゃんとお別れをさせてもらえて、すごく良かったと思います。

  • kar********

    5.0

    これでいいんだ

    ふとレンタルショップで見かけ、TVシリーズから初めて一気に観ました。 テレビシリーズからずいぶん時間がたっているのに、おもしろかった。多分だけどあと10年しても時代を超えて観た人が「おもしろい」と思えるんだろうな。 このワールドシリーズ。長い小説の最後のエピローグのようなものです。 40歳を余裕で超えている私には25歳も余りにも若く、まだ大人の入り口に立ったばかりの若者です。 街も世の中も変わるものあれば変わらないものあり、それは彼らも同じであって。 成長や変化は痛みを乗り越えたとき訪れるのかもしれない。 この変化にガッカリするファンも多いのだろうけれど、私にはすっごく納得できた。 若干ゾンビ関係は間延びしたと思わせるかもしれないけれど、無駄に見えるパーツもこの映画では大事だったと思う。 今の木更津はこの映画の街ではないでしょう。大きな商業施設も確かできましたよね。でもそれでいいんだ。この映画のように時が遡ることはない。 だからこそ熱すぎる程、眩しすぎる程の一瞬の煌きが愛おしい。 あ~DVDBOXほしくなっちゃったなぁ。

  • tet********

    2.0

    【残念】テレビのファンを裏切る出来

    映画にしない方が良かった。 オフビートの良さは元々映画向きじゃなかった。 2時間が長い。 内容が無さ過ぎる。 テレビのスペシャル程度の内容。 木更津キャッツアイのテレビ番組の良さが 伝わらない残念な出来です。 足を引っ張ていると思う。 お口直しにテレビの再放送またはDVDを見て下さい。

  • shi********

    5.0

    ネタバレ木更津キャッツアイは永久に不滅なのだ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/24 ページ中