ここから本文です

恋愛睡眠のすすめ (2005)

THE SCIENCE OF SLEEP/LA SCIENCE DES REVES

監督
ミシェル・ゴンドリー
  • みたいムービー 514
  • みたログ 1,542

3.20 / 評価:277件

夢と現実の間

  • achakick さん
  • 2009年1月15日 20時09分
  • 閲覧数 152
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

74点

「天国の口、終わりの楽園」のガエルガルシアベルナルと、「メルシーラヴィ」のシャルロットゲンズブールの二人が主演のファンタジックラブストーリー。
つかず離れずな子供みたいな二人のかけあいや、一秒だけ戻れるタイムマシーンなどの、役にたたない発明品がおもしろい。
現実のシーンと夢のシーンがいりみだれるので、主人公のように観てるほうも混乱して、曖昧な世界感を味わえる。
でも、その夢の中の映像はすこし子供っぽすぎるように感じた。なにか不自然なものを微妙に感じとれるような、リアルな夢の描写のほうが個人的にはよかった。
それから、下ネタがやたらと満載なのはちょっとあざとかった。
従来のファンタジックさとは対極するようなエロネタを、あえてもってくることで、より統括的で隔てのない素敵さを表現しようとする演出は、最近のフランス映画にとても多く、もう飽きてしまった。
オチも唐突すぎる印象。
それでも脇役たちのキャラクターもちゃんとたっていておもしろいし、夢みがちなダメ男と自分にも嘘を張るダメ女のつながりは、かわいらしくて飽きない。
フランスらしいセンスにみちた良作だと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ