ここから本文です

恋愛睡眠のすすめ (2005)

THE SCIENCE OF SLEEP/LA SCIENCE DES REVES

監督
ミシェル・ゴンドリー
  • みたいムービー 514
  • みたログ 1,542

3.20 / 評価:277件

夢うつつ

  • iz さん
  • 2009年1月27日 14時13分
  • 閲覧数 165
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

ミシェル・ゴンドリー作品は初めてですが、
冒頭のシーンや、ステファンの絵、
セロファンの仮想世界などとてもアートチックな映画でした。


言うならば、不思議ちゃん系(笑)

本来ハンサムなガエル・ガルシア・ベルナルが
ちゃんと超オタクに見えてくるからおもしろい。



ま、こういうのは話の内容そっちのけで
アート系を楽しむのがいいのかな?

でも・・・・これ、アート系って言っちゃっていいの??
映像は確かにいっぱいアイディアが詰まっているけど、
着ぐるみを来てバンド演奏したり、ステファンの発明品の数々も
私には理解不能な部分も。


夢と現実がごっちゃになってるので、話もつかみにくかったし
話が動いているようにも感じない。
私には合わなかったです。
前半はステファニーの心情がアートに表れてるのを感じておもしろかったけど、
後半になるにつれて見続けるのが苦痛でした。

しかも登場人物の誰にも共感できないんですよね(ToT)



夢の中でだけは強気になれるステファン。
夢と現実がごちゃごちゃなので、時々大胆な行動には出るんですけど^^::
そんな彼の弱気はどことなく魅力的でしたが。
ラストの2人の関係も一瞬「おお?いいじゃーん」と思いましたが、
でもやっぱり・・・
どこまでも炸裂する妄想で、「もうおなかいいっぱい」状態です。
そう解釈するか~。どこまでもオタクな妄想男です^^;;


それにしても、ガエル・ガルシア・ベルナルって
英語やフランス語も話せるんですね~。すごい(@@)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ