レビュー一覧に戻る
放郷物語 THROES OUT MY HOMETOWN

sbe********

2.0

微妙にジャケ写詐欺

ジャケ写のふたりも軸なんだけど軸のひとつ。 青春映画じゃありません。 とある田舎町ですれ違う人々の群像劇です。 高校を卒業したドリカム編成の三角関係。 長く離れて暮らした娘の町に越してくる中年男。 冷えた夫婦。 夢を諦めたミュージシャン。 マラミュート二匹を犬ぞりみたくしてチャリで走るホームレス。 セリフはかなり少なめ。 演者の表情や画面に写りこむ情報を元に鑑賞者の想像力 で補完させる系の映画です。ゆる系。ほんのり系。 やりたいことはわかるし、その方向は嫌いじゃない、 つーか、すごい好き。 ウインターボトムの『ひかりのまち』みたいなのをやりたかったのかな。 長回しで演出もリアル系で山下敦弘フリークの自分には 興味深かったんだけど最後ナニ?あれ。 いきなりPVかCMみたくなっちゃってるじゃんか。 この作品も腰の据わりが足りない気がする。 結局ニヒリズムに堕しただけの作品を私は評価しません。 だっていやでもここで生きてきゃなんない私たちはこの 世界を肯定するしかないから。しなきゃやってらんないから。 でも映画でもなんでも評価されるべきはその「肯定」に 行き着く過程であってその肯定そのものをそのまままるっと 表現すればよいわけじゃないと思う。 逆に言うならニヒリズムを装った、もしくは経由した 「肯定」の方が観る者に届くことだってある。 だから個々のエピソードをくるりと輪を描くように 解決へ導くこと自体はいいとしても要求されるのは その匙加減。ちょっとご都合主義的なところがある なぁと思っていたところへ最後、あまりにもど正直な 記号(:春→再生)を陳腐としか思えないやり方で持って すべてを強引に結びつけようとするのはやっぱり都合よすぎ。 それまでのリアルな演出が台無しじゃん。 「どん底のなかのかすかな希望」を『赤い文化住宅の初子』 で描こうとしながらそれをセリフで説明してしまったタナダユキ と好対照といってしまっては皮肉がすぎるだろうか。 監督さんは投げっぱなし映画の極北wミヒャエル・ハケネの作品を 見るべし。もっと覚悟を決めるべし。 (まぁごちゃごちゃうざいこというのも惜しいなーと思うからこそ なんでお許しを。) でもあれだねぇ、小林且弥が出るとやっぱ締まるねぇ。 もっと評価されるべき役者さんだと思います。

閲覧数539