ここから本文です

アンジェラ (2005)

ANGEL-A

監督
リュック・ベッソン
  • みたいムービー 147
  • みたログ 1,269

3.54 / 評価:434件

啓発映画。自分を変えたい人へ。

  • green_earth001 さん
  • 2020年7月14日 23時46分
  • 閲覧数 190
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

白黒だし、リュック・ベッソンと言えどもアクション映画ではないし、主人公も魅力的ではない。
だけど、もし、啓発本を手に取ったことがある人で、今ちょっと上手く行ってないかも、自分を変えたいと感じてる人にとっては何かを得る映画となるかもしれません。
主人公の男は身長も低い、何の取り柄もないような凡人。年は30~40代。
当たり前のように自信もない。
安牌な人生のレールにも乗れなかった人。
おまけに自国民よりチャンスが少ないフランスへ渡った南米人。
おいしい話があればすぐに飛びつき騙される。
その場しのぎで嘘をつきその後に後悔する。
不満、不平、心配だらけ。
自分を見ているような描き方をされています。
もうダメだ。死んでやる。と言ってもそんな気概もなく、神様に文句を言っていると、隣に物おじしなさそうなモデルような女性が表れる。
凸凹状態。ここから物語が展開していきます。
この謎の女性は、この愚痴ばかりの男性に寄り添い、背中を押し続けます。
「どうして人から与えられる行為を遠慮しようとするの? 素直に貰えばいいじゃん」
「どうして相手の気持ちばかりを考えるの? もっと自分の気持ちを大事にしてよ」
「外を見てみて。こんなに夕日が美しいよ」
受け取ることができないブロックを外す。
自分の気持ちを素直に表す。
今生きていることの幸せを感じる。などなど。
もう啓発本で出合った内容そのものです。
文章で読むのとは違い、第三者の視点で見ることで理解度が増します。
そして啓発的内容の堅い映画かと言えばそうでもなく、この凸凹過ぎる男女の行く末も見届けたくなる脚本にもなっています。
この女性、序盤はモデルが演技してる感が強かったんですが、終盤の感情を出す演技には心をしめつけられました。
お一人様でじっくりと鑑賞してみてください。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ