ここから本文です

かにゴールキーパー (2006)

監督
河崎実
  • みたいムービー 9
  • みたログ 61

3.07 / 評価:29件

そういえば最近食ってないな…………カニ

12100人が観た!(らしい)
人間になりたい「カニ」と少女の愛の詩……(らしい)
ワールドカップ以上の感動!!(らしい)

はい、一年近く誰もレビューしていないこの作品。
以前『えびボクサー』という作品を見てあまりにつまらなかったのでそれ以来この手の作品は敬遠していたが、これはなかなかの評価。
お気レビさんもレビューしてるし、前々から興味はあったよ、うん。
でもさあ。


なんで買っちまったんだろう…………(泣)



いまさらこの映画に突っ込みを入れるのもどうかと思うけど、
まあ観てしまったのだから突っ込まずにはいられない。


度重なる環境破壊と生態系の破壊により、
ある一匹の巨大なカニが砂浜に打ち上げられていた。
偶然通りがかった猟師の息子・真一は、
いじめっ子に袋叩きにされていたカニを助ける。
親を説得してなんとか家で飼うことができるようになり、
さらにカニは言葉を覚えて話せるようになった!

……はい、ここまででまだ5分ぐらいしか経過しておりません。

しかし真一の父はカニを売ろうと計画。
それを知ったカニは真一に別れを告げて、一人都会へと向かった。
腹が減って魚屋の魚を食べて騒動となり、ヤクザの隆二がカニを気に入って身請けをする。
カニはキャバレーで働くが、トラブルを起こしてしまう。
泡を吹くカニを見て、隆二はカニを自分の女であるひとみの働くソープで仕事をさせる。
しかしひとみはカニに情が移って逃がしてやり、
とうとうカニは真一と再会できたのだった。

めでたしめでたし。






………………………………………………。





……………………あれ? サッカーは? と思った方。

ご安心あれ。

この時点でまだ30分ちょっとしか経過してない!!(笑)



その後カニは横歩きを活かしてバーテンとして成功する。
それを見ていたサッカーの監督はカニに言う。
「君……ゴールキーパーやらないか?」


ここでようやく半分ぐらい。

やっとキーパーになるのかあ、と思ったら、さらにまったく関係のない方向へ話が進んでいき…………



うん。なんかもうね。
突っ込み所が山のようにあって、どっから弄っていいかわかんないや♪

突っ込みが読みたい方は他のレビューを読んでください。

いろいろ弄られてますんで。個人的にはyadonisiさんのレビューが気に入ってます。



真面目に見るのもアホらしいので、

最近カニ食べてないなー

カニの入ったサラダぐらいだなー

たまには丸ごと食いたいなー

とか考えながらでちょうどいいんじゃないだろうか。






いや、でも実はね。

面白かったんですよ、意外と。

カニの一途さとかね。

なんとなく『少林サッカー』を彷彿とさせるシーンもあったりね。
(凶器攻撃とか)

まあ☆は三つぐらいかな。

買ったはいいけど、もう観ないとは思うけどね。





まあ、物凄く賛否の分かれてる作品だけど、

映画ファンなら見て損はないと思うよ。























…………多分。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ