ここから本文です

ジム・ヘンソンの不思議の国の物語 (2004)

FIVE CHILDREN AND IT

監督
ジョン・スティーヴンソン
  • みたいムービー 4
  • みたログ 56

2.92 / 評価:13件

兄弟っていいもんだ

第1次世界大戦中にロンドンから田舎の叔父さんの家に5人兄弟が疎開して、砂の妖精にあって魔法で願い事をかなえてもらうって話です。でもその魔法が日没までしか効かないってちょっとなさけない妖精です。

砂の妖精ってジョルジュサンドの小説があった気がするけど、ぜんぜん違う。妖精といっても顔はリュウのようなナメクジのようでカタツムリのように貝殻みたいなところに棲んでる。願い事しても特になにも見返りは求めないけど、持続時間は短いし、結構、いい加減で却って迷惑になるような魔法。でも最後には一番欲しかったお父さんの帰還を呼び寄せてくれるっていう話です。

今流行のCGと言ってもそれほど豪華でなく、話も地味だし多分、日本では劇場公開されてなかったような。でも、結構、私としては楽しめました。子役たちがよかった。従兄弟のめがねかけて太っちょで変わり者って子が結構、自分とダブったりして(昔、太ってていじめられたからかな)。フレディハイモア君、勿論、うまいです。でもそのほかの兄弟姉妹役の子供たちもよかった。日本の子役の子達ではこうは行かないかな。

子供と一緒に休みの夜にノンビリと見るのも、いいものです。ネバーエンディングストーリーなどのファンタジーものに比べるとずっと地味で盛り上がらないけど、変な妖精というかクリーチャーの話術で結構楽しめました。

でもジムヘンソンって誰?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ