2006年10月28日公開

トンマッコルへようこそ

WELCOME TO DONGMAKGOL

1322006年10月28日公開
トンマッコルへようこそ
3.3

/ 833

29%
28%
15%
4%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1950年代の韓国で、米国空軍のパイロット、スミス(スティーブ・テシュラー)の飛行機がトンマッコルの村の近郊で墜落した。村人たちの手厚い手当てを受けていると、そこに韓国人兵士のピョ(シン・ハギュン)らがやって来る。するとまたそこに村の少女ヘイル(カン・ヘジョン)に案内された人民軍の兵士リ(チョン・ジェヨン)らが現れる。敵対する兵士たちが鉢合わせとなり、その場は一触即発の危機に陥る。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(706件)

泣ける12.9%切ない11.3%笑える11.0%ファンタジー10.4%悲しい8.7%

  • yun********

    1.0

    面白くない

    俳優の演技は良いのにストーリーがだらだらと長い。要らない演出もちょこちょこ入りイラッとくる。音楽も知らないで見たが久石譲のパクリかと思いきや久石譲本人だったので音楽と場面があってなかったんだろう。それか久石譲が手を抜いたかのどちらかだ。

  • bat********

    4.0

    ネタバレ美しく哀しいけど心温まる戦争映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • koy********

    5.0

    ネタバレ笑って怒って泣いて、忙しいぞ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kkd********

    1.0

    連帯保証人

    そんな彼らは破綻破産

  • そぉきたか

    4.0

    村人の女の子「ヨイル」が全て

    DVDで観ました。 朝鮮戦争の南北の兵士らの尖った感情を中和させる中立な不思議村、トンマッコル。そこの村人の一人、超ニュートラルでこれまた超不思議な女の子「ヨイル」が全てのカギを握る。 反戦映画なのでしょうね、きっと。重くはないです。 ヨイルを演じてたのは調べたらカン・ヘジョンという女優だそうです。その演技に釘付けでした。 カン・ヘジョンが出ている他の映画を観たくなりました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
トンマッコルへようこそ

原題
WELCOME TO DONGMAKGOL

上映時間

製作国
韓国

製作年度

公開日