レビュー一覧に戻る
トンマッコルへようこそ
2006年10月28日公開

トンマッコルへようこそ

WELCOME TO DONGMAKGOL

1322006年10月28日公開

sam********

5.0

国を離れれば、人は人として生きられる。

友達に勧められて見ました。 韓国映画、と聞き「韓流全然興味ないんだけど!?」と速攻で返した私に「韓国映画だけど全然韓流じゃないから!」と彼女は言いきりまして。 確かに、この映画は所謂韓流ではありません。韓国映画だ、と言うだけで敬遠するのは、非常に勿体無い映画だと思う… 「戦争も武器も知らない村で男たちは国を超えてひとつになる!」というコピーがついていますが、その言葉以上に、胸に訴えるものがあったかな… 戦争は、人と人とが憎みあって起きるものではないんだよな、と改めて思う…国の利益だとかいう大義名分の元に、人は互いに事情をよく知らないまま戦場に駆りだされる。 そして人を殺すことも、国のためには仕方が無いこと、と教えられる。 1950年の朝鮮戦争を舞台に、敵対する韓国と北朝鮮の兵士、そして墜落したアメリカ機に乗っていたアメリカの将校が、トンマッコル「=子供のように純粋な村」で出会い、国を離れた人間同士の絆に目覚めていく… 北のアカ野郎、南の傀儡軍、と罵りあい殺し合いを演じる間柄が、様々な交流を経て、戦争から離れたこの村での生活の中で、かけがえのない友人となり、兄弟となり、そしてこの村を守るために命をかける… ともすれば、とても陳腐な出来になりそうな展開だが、この作品の中では、村の頭の弱い女の子や純粋な村人達の存在、会話が良いスパイスになり、そしてアメリカ人将校スミスの存在がひとつのキーとなり、非常に印象的に仕上げられていると思う。 途中、絆を深めるひとつのアクシデントとなった、猪襲来のシーンは、もう腹抱えて笑ってしまいましたけどね!!アレは酷すぎるし面白すぎるwww 反戦映画は数あれど、あまり見たことの無い切り口の、見て損は無い良い映画と思います。

閲覧数448