レビュー一覧に戻る
トンマッコルへようこそ
2006年10月28日公開

トンマッコルへようこそ

WELCOME TO DONGMAKGOL

1322006年10月28日公開

kin********

5.0

人類が本来あるべき姿

ところで曲のことで皆さん熱くなってるんですかね? 無理もない、かの久石譲の音楽監督ですからね。 ジブリ雰囲気があったのも払拭はしません。 でもキレイだったしいいじゃんかー! なあ、戦争シーンしか観ないウヨさんよ。 いえ、失敬。 所で、この映画はパッケージぱっと見て戦争映画とは違うようでも、まあ朝鮮戦争の舞台ですから、若干期待しつつ観て見ました。 まず韓国の戦争映画の見所というと、洋画も顔負けな戦闘シーン、それは爆発表現といい、暴力表現といい、流血/ゴレ表現力、ここまでの映画力はまず永遠の0で興奮するくらいの邦画に真似は出来ないでしょうけど。 でもそうでありながら、身近にある馬鹿馬鹿しいようなコメディも含まれているくらいですからなかなかよく出来た映画です。 でも韓国の戦争映画といえば有名なのが、ブラザーフッド、戦火の中へ、マイウェイ、高地戦とありますが、あえてこの映画も入れても文なしです。 ですが、このトンマッコルはそういった映画とはまた一つ違う味がする映画です。 トンマッコルという架空の村、争いという言葉も知らないような世界。 この中に迷い込んだ3軍が最初に反発を感じながらもだんだんとお互いが許しあうようになります。 手榴弾の不発で再爆発で出来たポップコーンはウケました!笑 見所です^^ でも悲しいこと、それは互いを許し合えたのはこのトンマッコルに居れたからであり、外の世界は憎しみと復讐から血を流す世界であることに変わりはないんですね。 人種の壁もなく、銃や手榴弾や争いも知らず。 裕福でなくても身近な所から幸せを見つけ、それを共有しあい、分かち合うこの世界は夢遠けれど、まさにタイトルの通り、人類があるべき1番の姿であると感じられます。 最後の戦いでスファの言葉「俺たち他の所で会えたら、楽しかっただろうなあ」というセリフはどうしても心に残りました。 トンマッコル、それは子供のように純粋であること。 子供のように信じる心を持つこと。 子供のように身近な幸せをすぐ楽しめること。 そして子供のようにいつでも笑顔でいれること。 何度も繰り返すようですが、このトンマッコルの世界こそが人類のあるべき姿であり、あるべき世界では無いでしょうか?

閲覧数1,452