レビュー一覧に戻る
トンマッコルへようこそ
2006年10月28日公開

トンマッコルへようこそ

WELCOME TO DONGMAKGOL

1322006年10月28日公開

rub********

4.0

トンマッコルへようこそ

見て、良かった映画。 映像が童話というか、ファンタジーだった。 そのファンタジーさが、綺麗だと思った。 特に、ポップコーンの雪が綺麗だった。 映像が綺麗なところも、見ていて良かったポイントだと思う。 またまた泣いてしまった。 ラストの、3人が涙を流しながら死んでいくところで、泣いた。 音楽が作品にあっていて、それが余計に涙を誘った。 映画にジブリ要素が入ってるので、音楽が合ってるかなと思う。 同じような状況設定の、「ククーシュカ」の100倍、良かった。 戦争とは、なんて嫌なものなんだと、改めて思った。 そして、自分が朝鮮戦争がなぜ起こったのかも知らないことがわかって、ショックだった。 冷戦や米ソの対立などは知ってるが、では、何がきっかけで火がついたなど、細かいことを全然知らないのだと実感した。 対立していた人達が、次第に解りあっていくところが、ちゃんと描かれていて良かった。 笑いもあって、面白かった。 有名なスターの出ている、韓流映画はあんまり見たくないが、こういう作品はもっと見たいと思った。 余談だが、ピョ少尉はちょっと筧利夫に似てると思う。 あと、あの不思議な女の子は、ちょっとマチャミに似てる。

閲覧数1,452